綜合占術講座(前期)を開講します。(追記あり)

綜合占術講座について

手相、気学、易…最近はスイーツやタロットの講座などいろんな講座をさせて頂いておりますが、手相の講座で家相の話が出たり、タロットの講座で墓相の話が出たり、気学の講座で西洋占星術の話が出たり…。

2月に出版した陰陽時空間手相術に至っては手相と言いつつ実践に踏み込んだ部分では気学や数秘術の要素が出てきたり…。

なぜこういうことが起こるかと言うと、ひとつの占術を掘り下げて抽象化させる作業を繰り返していった結果、それが具体的事例・具体的使い方のひとつにすぎない…ということがわかってきまして。

それで、この抽象化させていった結果、どの占術にも応用適応できる普遍的な概念が見えてきて、この点に到達した瞬間、一気にいろんなものが繋がり出して、これを軸に物事を見ていくと「だいだい当てはまってくるなぁ」ということがわかってきまして…。

特にスイーツ相術でも共著させてもらった西洋占星術やタロットを研究している綾羽氏をはじめとした「僕があまり詳しくなかった分野」を研究する人たちとの情報交換によって、この「普遍的概念」が確信めいたものになりました。

薄々感じていた「あ、やっぱり東西関係なく同じことやってますね(笑」というものが決定的なものになったのです。

それで、これまでは「手相講座」「家相講座」といった具合に分野ごとに分けて中身をお話していたのですが、自分で開いた講座なのに、なんというか窮屈というか「他の占いのここともつながってくるよ」というものをお話するときに申し訳なさみたいなものを感じて、すごくやりづらかったのです。

もっと自由に話したいこと、伝えたいことを素直に表現できる場が欲しい。きっとその方がより普遍的なものは伝わりやすいし、特定の占術が「すべて」ではなくあくまで「ひとつ」なんだということを理解してもらえるのではないか…そんなことをここ半年ぐらいずっと考えてきました。

ということで、占術の分野を横断しまくった綜合講座を開講します。なぜ「綜合」という言葉が浮かんできたかというと、ヘーゲルの弁証法における「ジンテーゼ」が「綜合」という日本語に当てはめられていて、すごくしっくりきました。

自分自身がこれまでやってきたことがたぶんこのジンテーゼ探しみたいなところがあって。

矛盾を両立させる「ジンテーゼ」は次元を超える可能性を秘めている。

対立理論を両方成立させる統合理論を生み出すことが快感になっていた気がします。たぶん八方美人で見栄っ張りなんですよね。あと根本的に争いを好まないのと、特定の立場に「固定されたり」「決め付けられること」が苦手だということが大きい気がします。

(同じ場所にいるとすぐに飽きるので、どうしても飽きる前の自分と飽きたあとの自分を成立させる上でもジンテーゼが必要だったのかもしれません)

 

つながる・使える・広がる

というわけで、一言で言うと「綜合占術講座」では東西問わず・命卜相問わず、一般的に「占い」と呼ばれているほとんどの占術に相通じる基礎概念をお伝えしていきます。

綜合占術講座は各占術と相互変換可能です。

 

極端なことを言うと「これさえ知っておけば、どんな占いやどんな場面にも対応できる」というものです。つながる・使える・広がる。「占い」の世界で自由になるための抽象的概念です。知っておけば、占いの勉強がはかどるし、いろんな占術習得のハードルが下がります。

先人たちの知恵や知見を破壊しているように見えて、めちゃくちゃ重視・尊重しています。むしろ、先人たちの知恵や知見すべてを「それは○○のパターンで使えるかも」にするための抽象的概念です。不正解とか否定とかないんですね。

「確かにこういう立場から見たら合ってるし、こういう立場から見たら当てはまらないね」と議論したいのです。すべてを受け入れる。なにひとつ無駄にならない。そういう講座です。とにかく、何かひとつに囚われずに、いろんなものとの「つながり」を感じて欲しいのです。

綜合講座を基盤に手相や方位といったこれまでの「応用具体例講座」を「アプリケーション」として開講していきます。途中まで学んで「気づいた人」はあとは自分の性格性質に合う占術ややり方を選びとってもらえればいいので、講座自体は全12回ですが「前期」と「後期」に分けて講座を進めていきます。

これは僕の挑戦でもあります。今まで柵で囲われていたものを取っ払ったうえで「ひとつにまとめる」ことが求められるため、なかなか苦戦するかもしれませんが、どうしてもやりたいことなのです。つながりを感じて欲しいのです。

 

綜合占術講座詳細

■日程とカリキュラム(予定):
基本土曜14:00-17:00 3時間

[前期]

相術・気学(方位・家相・地相・墓相)・易の基礎概念を学んでいただけると同時に、他占術への転用や変換をお伝えしていきます。東洋系占術を軸にピポットしていきますが、抽象概念を用いるのでそこまで東洋占術に親しくない方でも大丈夫です。

1回目 2020年4月25日(土) 14:00-17:00
綜合占術の全体イメージをお伝えする講座
東洋占術・西洋占術これらを総括する基礎的概念 など

2回目 2020年5月24日(日) 14:00-17:00
フェーズ1徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)
気学における応用例・方位としての方向性の活用方法
気学はどのような仕組みで起きているか?
吉方位とは何か?凶方位とは何か?
一般的な気学の大きな落とし穴 など

3回目 2020年6月27日(土) 14:00-17:00
フェーズ2徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

4回目 2020年7月25日(土) 14:00-17:00
フェーズ3徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

5回目 2020年8月22日(土) 14:00-17:00
フェーズ4徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

6回目 2020年9月26日(土) 14:00-17:00
フェーズ5徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

[後期]

7回目 2020年10月24日(土) 14:00-17:00
フェーズ6徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

8回目 2020年11月28日(土) 14:00-17:00
フェーズ7徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

9回目 2020年12月26日(土) 14:00-17:00
フェーズ8徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

10回目 2021年1月23日(土) 14:00-17:00
フェーズ9徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

11回目 2021年2月27日(土) 14:00-17:00
フェーズ10徹底解説(相互変換・具体的応用例・実践)

12回目 2021年3月27日(土) 14:00-17:00
各フェーズを組み合わせた具体的応用例・実践占断集

■場所と受講スタイル
・リアル受講(渋谷会場数名限定・場合によっては場所を変えます)
・オンライン受講(zoom/リアルタイム)
・録画動画受講

期間中途中参加可です。前期後期各講座終了後、1ヶ月ほど動画をご視聴頂けます。

■必要なもの(追記)
年月日時の干支および九星がわかる万年暦が必要となります。お持ちではない方、既にお持ちの方はお問い合わせ時にお知らせください。

■受講特典
受講中は「オンラインサロン 」に無料で参加可能です。サロンでは質問し放題です。
また、毎月サロン限定で開催されている「おかわり講座(5,000円)」も無料で参加可能です。
おかわり講座は手相や易や生年月日などの情報を送って頂き解説する実践的な講座です。
今回の綜合講座では実践に割ける時間が少なくなる可能性があるので、おかわり講座で補完するような形になります。

■受講料
16,000円/回 ×6回/前期 = 96,000円
一括前納でお願いしております。いかなる理由があってもご返金できませんのでご了承ください。
後期は開始時に改めて受講募集いたします。

お申し込み

受講される方が興味関心のある占術とのつながりについても言及していきたいので、今回は「これまで勉強してきた占い」と「興味がある勉強してみたい占い」という項目も作りましたので、ご記入ください。また、オンラインサロン(LINE)へご招待させて頂きますので、アカウントをおもちの方はご記入ください。

にしけい

その他の記事
Scroll to Top