自分の中のブログの価値=素直に書けてるかどうか

僕の中で、ブログや文章を「いかに素直に書けてるか」ってけっこう重要なんですね。

つい最近、このホームページがトラブって、いろいろサイトの構成とかページを見直していたんですね。

それで、過去の記事を読み漁っていたんですけど、自分で書いた記事を読んで自分で笑ったり「いいこと書いてるな〜」ってなる記事もあれば、そうならない記事もありました。

その差は何かというと「素直に書けてるかどうか」なんです。

素直に書けてる記事は、自分で書いてるくせに何度も何度も読みたくなります。引き込まれるんですね。

なので「素直に書けてる記事」には「価値」があるんです。

素直に書けてる記事って「自分以外の誰にも書けないこと」に限りなく近くなっていくんです。

それって「限りなく真実に近いもの」だから「揺るがないもの」なんですね。リアリティというか。

今は変わってしまっているけれど、「あのときの気持ち」は嘘じゃなかったわけです。

真剣に人目を気にせず吐露しているからこそ、真実だと感じられる。それが真実だと強く感じられれば感じるほど、現在の自分の存在を色濃く感じられる。「ちゃんとあのときも自分だったんだなぁ」と。

でもどこかに「見栄」とか「他者の目を気にする」とか「流行ってるものを追ったな」とか、そういうものが入ると、途端に文章がぎこちなくなるというか「気合入ってんなー」って記事になる。

もちろん書いてる内容が「本当に伝えたいことなんや!」と語気を強めてるときもありますけれど、素直に書けていない記事はなんかこう、緊張してる雰囲気が伝わってくる。なんかに影響されて書いてるなーとか。この時期これマイブームだったなーとか。恥ずかしいけど、消さずにとっておく。それも自分だから。

素直に書けてない記事はどうしても「自分」が薄まってしまう。

自分の純度が下がっちゃうと、途端にもろくなる。「嘘なんじゃないの?」「本当に僕が書いた記事?」という気持ちが出てくるとどうしても揺らいでしまう。

だから、僕の中では「素直に記事を書けているか」ってめちゃくちゃ大事なんです。

で、素直に書いた方が逆に共感を呼んだりします。これが不思議なんですけどね、人目を気にして合わせようとすればするほど、共感が生まれないんですね。線をひいちゃうから、感情移入できなくなるというか。

宇宙空間をふわふわ漂うように「自分」から離れてしまった、素直じゃない記事というのは、誰からも遠いものになってしまう。「どこ向かってんだよー!そっちに行ったって、共感も何もないんだよー!」と叫び出したくなる。

だからなるべく素直に書けてる記事の方が自分自身好きだし、誰かの文章を読むときもぎこちなくても、そういうもののほうが好きです。

記事のサムネイルとか本当は作るのめんどくさいんですよねー。たまに、サムネと記事の内容がマッチしないときもあったりして。

文章書いたはいいけど、そこで力尽きてサムネまでエネルギーがまわらないことよくあります。そういうときってだいたい、サムネと記事の内容がマッチしてない。

というわけで、書きたいこと。

「一行目」の「素直に書けてるか」ってことが書けたので、今日はこれぐらいにしておきます。

にしけい

 

その他の記事
Scroll to Top