占術講座
Lesson

開講予定の講座

5/20 周易講座14 雷沢帰妹・沢雷随・沢水困・水沢節

雷沢帰妹・沢雷随・沢水困・水沢節について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分] 

リアルタイム開講日時:
2021年5月20日20:00-23:00 

6/ 17 周易講座15 雷沢帰妹・沢雷随・沢水困・水沢節

雷沢帰妹・沢雷随・沢水困・水沢節について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

リアルタイム開講日時:
2021年6月17日20:00-23:00 

相術

手相講座基礎「手相再構築編」

「手のひらの線だけを見る」という考えを卒業してもらいます。あとは「丘理論」についても僕なりの経験則を踏まえて言及しようと思います。「手まず」と「陰陽時空間手相術」でお伝えしていることをもう少し丁寧に掘り下げて説明していきます。手相における守破離の「破」と「離」となる講座だと思います。手相以外でも役に立つ考えだと思いますし、正直全くの初級者の方(守がない人)が聞いても役に立つと思います。[収録時間: 180分×2動画]

手相占い 鬼の100本ノック手シュタルト崩壊

皆様から送っていただいた手の写真(183人分)を見ながら、手の特徴や手からわかることを淡々と解説し続ける講座です。手の裏表を見るので、手相を見る目をきっちり養うことができる気合の入った講座です。手相初心者の方、手相占いを始めたけど、まだちょっと自信がない方。迷うことがある方が一気に手相のレベルアップを図れる可能性を秘めた講座です。[収録時間: 約8時間15分]

顕現相術講座1 入門編

顕現相術は目の前で起きている現象をシンボルとして取扱い、現在どういう状況なのか?この先どうなっていくのか?を読み解いていく占術です。視覚のみに頼らず、ありとあらゆる現象を読み解いていきます。この講座ではこの顕現相術の仕組みを解説すると共に、実際どのように使っていくかをご説明しております。[収録時間: 180分]

顕現相術講座2先天的現象分析 編

生年月日や名前を使わず、その人物の家庭環境や家系の流れなどの実現象から傾向を掴み、戦略の指針を立てていきます。家相や墓相などにも通じる内容です。もしかしたら命術から見た自分と合致してくる点が出てくるかもしれませんし、命術の補正・詳細分析につながるかもしれません。無意識のうちに選択してきた現象の傾向を掴むことで今後の方針や対策を立てやすくします。 [収録時間: 180分]

顕現相術講座3 後天的現象分析 編

顕現相術[先天的要素分析編]では、先天的にもっている方向性(偏り)を分析してもらいました。その偏りとどう付き合っていくか、どう付き合ってきたのか。生まれてから起きてくる現象は無意識のうちに自分が引き寄せている現象が多いです。頭では「こんなことは嫌だ」と思っていても、それが起きてくるということは、それを自分で引き起こしている可能性が高いのです。たくさん食べるから太るのであって、たくさん食べなければ太りません。たくさん食べることを選んでいるのは自分です。こうした現象は蓄積することでより強烈な現象へと変わっていきます。自分がどのような癖をもっていて、それがどのように変化していったのかを追っていく講座です。 [収録時間: 180分]

測字占法・筆跡鑑定・墨相講座

測字占法という占術をご存知でしょうか。昨今はパソコンやスマホで文字を入力することが多くなりましたが、多くの人々が筆で字を書いていた時代に活用された占術です。測字占法にもいろいろな手法があって、偶然書いた文字からビブリオマンシー的に占う手法や、偶然書いた文字+現象を併せて占う手法があります。字の形を見る相術的な使い方もできれば、字義から占う(「羽」という漢字を書いたのあれば「この先羽ばたくよ〜」みたいな)方法もできますし、「書く」ことで占われる人物の参加度も高く、おまじない的なエッセンスも含まれた懐の広い占術です。個人的には「字」と「現象」を組み合わせて連想させる観梅測法が非常に好きです。測字占法を相術的な応用をすると「筆跡鑑定」になります。筆跡鑑定は書籍が多いようで意外と少なく、これも実践で使っている人が少ないですが、やはり字は情報を多くもっています。筆跡鑑定はどうしても「吉相字」「凶相字」といった二項対立的に羅列している入門書が多く、そのロジックについてまで言及している書籍となると本当に数少ないです。しかし、仕組みとしては相術ですので、他の相術と相入れる部分が多分にあります。印相や地相に近い部分があるなと個人的に感じていますが、このあたりもロジックを解説させていただければと思います。また、同講座内で墨相についても解説していきます。昔から「墨色」(墨のかすれ具合や滲み具合)を見て占う手法がありました。これは術者によるのですが、墨相は測字占法よりも「卜術」寄りで、なおかつ感覚やインスピレーションを使っているようです。国内の占術だと画相、海外だと紅茶占いやコーヒー占いに近いものがあります。海外でも一定数「漢字かっこいい!」と感じる人もいますし、グローバル路線を考えている占い師さんにもオススメです。[収録時間:180分]

コーヒー占い・カフェドマンシー入門&応用講座

コーヒー占い(カフェドマンシー)の本場トルコ・イスタンブールで得た見聞・体験をベースに相術のエッセンスを加えた講座です。コーヒー占いはこの占いのみで「卜術」「相術」が成立しており、なおかつ本場イスタンブールでは「時期を出す」ことにも使われていました。感覚的に見ることもできるし、数理的に見ることもできるし、非常に懐の深い占術だと感じました。この占いの基本的な考え方は他の占いにも応用が利きそうなので、既に他占術を勉強中の方も、占いを初めて学ぶという人にも役に立ちそうです。今回は感覚寄り・数理的寄り、両方のアプローチからこの占術をご紹介し、最終的にみなさんに実際に占ってもらうところまでお伝えできればと思います。カフェドマンシーのもうひとつの強みは「パフォーマンス」による「呪力」が高まる点だと思います。タロットやカードを使った占いや筮竹など、パフォーマンス性の高い占いはありますが、占われる人自身の「参加度」の高さや「占われている感」が非常に高いのです。「そんなこと占いには必要なのか?」と言われればYESでもありNOでもあるのですが、占いに対する「参加度」は呪力を高める効果が期待できるので、占断結果も当たりやすくなる側面があると僕は考えています。その点、非常にカフェドマンシーは優れた術なのです。 [収録時間: 180分]

蜜柑占い・オレンジマンシー講座

蜜柑占いは読んで字のごとく「みかんを使った占い」です。仕組みとしては卜術(偶然出たシンボルを取り扱う占い)・相術(五感で観測したシンボルから占う)です。冬になると足が黄色になるまでみかんを食べ続けるぐらいみかん好きなのですが「みかんで占うことができたら…」と思い立っていろいろ試行錯誤してみた結果みかんは占う材料としては非常に優秀だということがわかってきました。「みかんの皮をむいて食べる」という何気ない行為が非常に相術的なシステムにマッチするのです。みかんは冬の季語でもあり、年の暮れごろに旬を迎えます。そして冬を暖かい屋内で過ごすことが多い日本人はみかんをよく食べます。特に帰省や自宅でホッとしている時間が長い年末年始はよく食べます。年末年始は「来年の運勢はどうなる?」とか「今年はどんな1年になりそうか」といった「占い」が話題に上がりやすい時期です。そんなときにテーブルの上に置いてあるみかんで気軽に占うことができたら…普段の何気ない会話もちょっと盛り上がるかもしれません。もちろん「余興的」に使うだけではなく、しっかりとした仕組みを構築したので、占おうと思えばかなり深く占うことができます。みかん1個でいろいろなことがわかってきます。みかん占いは日本人に適しています。なぜならみかんの「違い」がわかる人が多いからです。相術において対象物の「違いがわかる」というのは習得を早める第一歩です。みかん占いは相術の導入として最適な占いといえます。[収録時間: 180分]

タロット相術講座 入門編

相術は二次元的情報があれば占うことができます。そのためタロットカードも相術の占術対象として扱うことができます。タロットカードを「意味」ではなく相として読み解くため、正位置・逆位置・右位置・左位置…どのような向きでも意味が出てきます。普通にタロットを使っている人にとっては「正逆どっちかはっきりして!」とムズムズしてくるような斜め向きのカードも相術的には読み解きが変わり意味をもつようになります。この規則性を理解すれば誰でも言っている意味がわかるようになると思いますし、タロットカードじゃなくても「image」があれば言葉が出てくるようになります。正直「image」できて、頭の中で映像や画像が浮かべば、実体がなくても占うことができます。音楽からイメージした映像とか、カレーを食べて想像した景色とか。目が見えなくてもこの法則を知っておけば、占えると思います。今のところ僕が表現したい「相術」の概念に近い言葉としては「imageomancy」(イメージオマンシー)という単語が適切かなと考えています。タロットをこれから勉強しようとしている。タロットを使って占っているけれど、なんかマンネリ化してきた。タロットの新たなる世界の扉を開きたい。相術を取り入れたいけど、取り入れ方がわからない…という方にはお役に立つ講座になるかもしれません。意外と一般的な読み解きと相術的な読み解きが合致してきたりして…違いを楽しむのもありかもしれません。タロットの知識があってもなくてもどちらでも構いませんが、知識をおもちの方のほうが楽しめると思います。[収録時間:160分]

【無料講座】豆占い(Favomancy)講座

イスラム教で占いは基本的に禁止されているのですが、イスラム教の開祖ムハンマドの娘であるファティマは父親に見つからないように豆占いをした…という話が残っていますから、少なくとも6世紀ごろには確立されていた占いです。自分の部屋で友達を占っていたところにパパ(ムハンマド)が入ってきて、慌てて隠したそうです。

豆占いは大きく分けて3種類あります。大きく分けて「並べる」「投げる」「焼く」の3つという感じです。

1.豆を並べて豆の数や形からシンボルを読み解く方法。易に近いものがあります。
2.豆を投げてそのとき出たシンボルから読み解く方法。ジオマンシー・リソマンシーに近い方法です。
3. 豆を焼いて、その焦げ具合や灰の姿形から占う方法。亀卜に近い方法で、実際現在日本国内の神社などでも農作物の豊穣や天候を占うために使われている方法です。

細かいものを含めるともっと豆占いの方法はありますが、大まかに分けて…という感じです。前述したトルコやイスラム圏で使われていたのは1の「並べる豆占い」が主流っぽいです。これも文化や地域によって混ざっているのでなんとも言えないところがありますが…。現在ではロシアでも豆占いが行われている…という情報が入っていますが、現地人とやりとりしているの感触では「豆占い?」という感じの人が多いです。これも要調査です。今回は1の「並べる」と2の「投げる」をご紹介しています。「高級で上質な豆の方が占いに適している」と主張する人もいますから、これを機にちょっといい豆を買ってみるのもいいかもしれませんね。

気学

全4回 気学基礎講座 方位現象編

第1回目 方位入門編 4月3日10:00-12:30
方位作用について実際に起きた例を併せて紹介しながらご説明していきます。
方位作用と現象
吉方位とは?
吉方位を決める上での注意点
凶方位について
凶作用とは何か
吉と凶の違い

第2回目 九星盤徹底解説編 4月17日10:00-12:30
九星盤の使い方について実例を交えてご説明していきます。
盤の使い方
どの盤を見るか
現象によって出てくる盤が異なる
出来事の成り行きを方位から予測する
九星盤の卜術的使い方

第3回目 現象予測編 5月1日10:00-12:30
方位の現象の出現時期・内容予測について実例を交えてご説明していきます。
現象はいつごろ出るか?
特殊な現象の出方・実際の例
前兆を見る
欲望を占う

4回目 占前占断編 5月15日10:00-12:30
現象から情報を抽出することで方位作用を読み解くヒントが得られます。
移動しなくても方位作用は起きる
質問した時点で答えが発生している
二問占法
文相
実現象の抽象化
現象から次の現象を予測する
場と循環

[150分×4回を予定]

【全2回】九星八卦一撃理解・象意コアワード講座

顕現相術をはじめ「象意分類マニア」と言っても過言ではなくなってきているぐらい「現象」を観察することを研究してきています。必ず何か起こるときは現象の「偏り」が存在します。何も起こらないときでも何かしら「偏り」を蓄積しています。むしろ存在・発生する限り「何かしらの偏り」が存在しています。そしてこの偏りを見抜く上で役に立つのが「象意」です。「○○の方位を取ったから△△」ではなく、そもそも「○○の方位をとる」という前触れがあったり、移動自体が結果だと僕は考えています。占いでは何かしらの方法でシンボルを抽出して占うものが多いのですが、正直起きている「現象」ほど強烈なシンボルはありません。現象は簡単にタイプ分類できないほど無数にパターンがあります。しかしそれゆえにパーソナルでリアルタイムな情報なのです。気学は方位・家相・地相・墓相と大きく四つに分類されますが、すべて一貫して「同じ主張」をします。ここに手相・人相などの相術を加えたとしても同じです。共通する軸があって、そこから派生するように現象が起きています。同じ対象を観察しているわけですから、その人物の手相・家相・墓相…と違った角度から観察しても「共通項」が見えてくるのは当然です。この共通項を見出すときに必ず「現象」から「要素を抽出する」という作業が必要になり、必ずそこには「象意」というものが絡んできます。[収録時間:180分×2回]

【全2回】
1回目: 一白(坎)・八白(艮)・三碧(震)・四緑(巽)
2回目: 九紫(離)・二黒(坤)・七赤(兌)・六白(乾)・五黄

象意基礎講座・全8回

九星・八卦の循環と象意を深く理解することは種々の占術を理解する上で非常に役に立ちます。相術・命術・卜術・東西問わず、この循環を知っておくとほとんどの占いで応用が効きます。僕が現在開講させて頂いている相術全般(手相・地相・家相・墓相)、易(周易・梅花心易・断易)、気学(方位・卜術的用法)、コーヒー占い、測字占法…といった数多くの占術の根幹にこの循環が根付いています。この循環の象意をより深く理解しておけば、視覚だけではなく五感をフルに使って占うことができるようになります。極端なことを言えばありとあらゆる日常すべてが占いになります。自分や誰かの身のまわりで起きている現象がそのまま占いの材料になる顕現相術(いわゆるapantomancy/アパントマンシー)はこの象意の基礎概念の応用のひとつです。相術・気学・易…など、さまざまな占術講座を開講しておりますが、おそらくこの基礎象意講座を受講されてから他の講座を受けられると非常に理解がクリアになると思います。むしろ、この基礎的な循環と象意が理解できていないと、ちょっと点と点がつながりにくいかもしれません。今後いろいろな占術を習得・学習されたい方、今後占い師として活躍したいとお考えの方に向けた「象意基礎講座」を開講いたします。「占いのABC」と言っても過言ではない概念です。専門用語を避けてとにかくわかりやすく、掘り下げてお伝えいたします。[全8回: 160分×8回]

象意基礎講座1 一白水星・坎・下中央 詳説編

一白水星(坎)を理解するため抽象的概念の説明
他占術とのつながりと変換
英単語で理解する一白
連想派生例集(出来事・物・生物・仕事・食べ物など)
実現象における一白の例
病占時における実践判断例
性格や体質に一白の要素が現れた場合
方位作用による一白の分類
実占使用例(易)
[収録時間: 160分]

象意基礎講座2 八白土星・艮・下左 詳説編

八白土星(艮)を理解するため抽象的概念の説明
他占術とのつながりと変換
英単語で理解する八白
連想派生例集(出来事・物・生物・仕事・食べ物など)
実現象における八白の例
病占時における実践判断例
性格や体質に八白の要素が現れた場合
方位作用による八白の分類
実占使用例(易・日盤鑑定法)
[収録時間: 160分]

象意基礎講座3 三碧木星・震・中央左 詳説編

三碧木星(震)を理解するため抽象的概念の説明
他占術とのつながりと変換
英単語で理解する三碧
連想派生例集(出来事・物・生物・仕事・食べ物など)
実現象における三碧の例
病占時における実践判断例
性格や体質に三碧の要素が現れた場合
方位作用による三碧の分類
実占使用例(易・日盤鑑定法)
[収録時間: 160分]

象意基礎講座4 四緑木星・巽・上左 詳説編

四緑木星(巽)を理解するため抽象的概念の説明
他占術とのつながりと変換
英単語で理解する四緑
連想派生例集(出来事・物・生物・仕事・食べ物など)
実現象における四緑の例
病占時における実践判断例
性格や体質に四緑の要素が現れた場合
方位作用による四緑の分類
実占使用例(易・日盤鑑定法)
[収録時間: 160分]

象意基礎講座5 九紫火星・離・上中央 詳説編

九紫火星(離)を理解するため抽象的概念の説明
他占術とのつながりと変換
英単語で理解する九紫
連想派生例集(出来事・物・生物・仕事・食べ物など)
実現象における九紫の例
病占時における実践判断例
性格や体質に九紫の要素が現れた場合
方位作用による九紫の分類
実占使用例(易・日盤鑑定法)
[収録時間: 160分]

象意基礎講座6 二黒土星・坤・上右 詳説編

二黒土星(坤)を理解するため抽象的概念の説明
他占術とのつながりと変換
英単語で理解する二黒
連想派生例集(出来事・物・生物・仕事・食べ物など)
実現象における二黒の例
病占時における実践判断例
性格や体質に二黒の要素が現れた場合
方位作用による二黒の分類
実占使用例(易・日盤鑑定法)
[収録時間: 160分]

象意基礎講座7 七赤金星・兌・中央右 詳説編

七赤金星(兌)を理解するため抽象的概念の説明
他占術とのつながりと変換
英単語で理解する七赤
連想派生例集(出来事・物・生物・仕事・食べ物など)
実現象における七赤の例
病占時における実践判断例
性格や体質に七赤の要素が現れた場合
方位作用による七赤の分類
実占使用例(易・日盤鑑定法)
[収録時間: 160分]

象意基礎講座8 六白金星・乾・下右 + 五黄土星 詳説編

六白金星(乾)と五黄土星を理解するため抽象的概念の説明
他占術とのつながりと変換
英単語で理解する六白
連想派生例集(出来事・物・生物・仕事・食べ物など)
実現象における六白の例
病占時における実践判断例
性格や体質に六白の要素が現れた場合
方位作用による六白と五黄の分類
実占使用例(易・日盤鑑定法)
[収録時間: 160分]

家相地相超入門講座

家相は日本の住環境や文化に合わせて最適化され、ローカライズされた占術です。なので日本で家を建てて住んだり、家を借りて住む場合、風水よりも家相の方が適していることが多々あるように見えます。占いを全く知らない人向けに開講した講座なので、専門用語を一切なくして説明しています。占いのことはよくわからないけれど、家や土地に興味がある人は知っておいて損はない知識です。

全8回 家相地相講座

家相地相についてきっちりと丁寧にお伝えする講座です。家や建物を見る上でのポイント、どのような現象が起きてくるか。どのような条件ならその物件の特性を最大限に生かせるか?といったお話をさせていただいております。家相地相講座は象意講座・気学講座を受講された方にのみご案内させていただいております。受講を希望される方は下記のお問い合わせからご連絡ください。

墓相講座

墓相講座は年に2回開講しております。象意講座・気学講座・家相講座を受講された方にのみご案内しております。受講を希望される方は下記のお問い合わせからご連絡ください。

梅花心易講座1 超入門講座

梅花心易は易のなかでもルールや暗記する要素が少なく、シンプルでわかりやすいです。特殊な道具も使わず、生年月日や手相といった情報ソースを用意しなくても占うことができます。瞬時に状況を把握し未来を予測できる上に、練習次第ではかなり深い情報も探ることができます。易には主に3つの種類があります。周易・断易(五行易)・梅花心易です。一般的に「易」と言われると、1つ目の周易が挙げられる傾向があります。確かに周易は歴史が古く易を学ぶ上では非常に重要です。易を学ぶなら、まずは易の経典とも言える「易経」を読むべきだと主張する易者さんは多いです。しかし、この易経を含め、市販されている周易の書籍は64個ある卦辞(卦の意味)、そしてそれらに付随する384個の爻辞(メッセージ)がズラーッと羅列してあるものが多く途中で挫折する人も多いです。僕もそうでしたが、慣れないうちは周易で吉凶・良し悪しの判断がつきません。「正しい行いをしていれば、願いは叶う」といった表現が散見するのですが、明確なのか曖昧なのか余計によくわからなくなります。何かの判断の指標をもとめて周易で占ってみるも、最終的には曖昧な感じでフェードアウトしてしまい、そうこうしているうちに本を読んでも眠くなってきて、周易を挫折した人も少なくはないのでしょうか。

その点、梅花心易は本当にシンプルでルールが少なく吉凶の判断もわかりやすいです。また、自由度が高いので、連想ゲームのコツは必要になりますが、自由度が高いからこその面白みがあります。手軽だからこそ「データ・経験値」をたくさん積み重ねやすい点も魅力です。そして、梅花心易で何度も何度も占っていると、より情報解読のヒントが欲しくなるので、自然と周易の本を読むようになりますし、ルールの多い断易に挑戦しようとする人にとっても、梅花心易で易に慣れておいてから勉強を始めることで、スムーズに理解が進みます。なので、梅花心易はこれから占いを勉強したい方、易を勉強したい方にとって「導入部」として打ってつけの占術なのです。この梅花心易の占い方を丁寧に説明している講座です。[収録時間:180分]

梅花心易講座2 応機法 編

梅花心易を用いて「いつその現象が起こるか?」という時期を割り出す方法をお伝えする講座です。立卦して予想した状況が「いつ起こるか?」を予想する方法を「応機法」と言います。「呼応する」という言葉がありますが、占って質問することは「呼び出す(call)」ことなのです。「コールセンター」「ナースコール」という言葉がありますが、質問する・問いかけることは易において何よりも大事です。そして「呼」に対して何かしらのシンボルを用いて「応じる」「答える」それが易です。この応える「機会」「時期」はいつなのか?を予想することが応機法です。投げたボールの着地点はボールが投げた瞬間に決まります。他の占術にも応用できる考え方です。超入門編を受講されたあとに受けられたほうがより楽しめると思います。[収録時間:180分]

梅花心易講座3 八卦詳説・姓名判断・卦と現実のクロージング 編

八卦の読み解きと実践におけるクロージング・名前を使った立卦について解説する講座です。八卦の読み解きおよびアウトプットにおいて「どのような具体的現象としてインプット/アウトプットすべきか?」といった迷いが出てくるかと思います。その際役に立つ八卦を抽象的詳説をご紹介すると同時に現象から立卦する方法をお伝えしていきます。また、梅花心易では何を元に立卦しても良いので、名前を情報ソースとした姓名判断が出来ます。このとき一般的な姓名判断と同じように本名で立卦することも可能ですが、人は場面や人物によって「呼ばれ方」が変わります。呼び方が異なるため特定の環境下や人物との関係性が占えるのが強みです。人間にはいろんな顔があり、これらを柔軟に占えるところが梅花心易姓名判断の強みです。また、例占を通して立卦した結果を読み解く上で非常に役に立つ「卦と現状のクロージング」についてもご紹介しています。より具体的に卦を読み解いていけるようになることが本講座の目的です。[収録時間:180分]

梅花心易講座4 自分の方針を決める編(方位/引越し/物件/転職復職)

自分の指針を決める・引越し・転職など「自分占い」に特化した内容です。お仕事やコミュニケーション術にも使える比較的男性受講者率が高い講座です。現在自分は「もっと頑張る時期」なのか、それとも柳の葉のように「リラックスして」過ごす時期なのか、緩急の方針が定まるだけでも非常に生きやすくなります。日々のお仕事、転職、復職、退職、独立…引越し、結婚、家…といった要所で使える梅花心易のテクニックをご紹介しております。とことん自分にベクトルを向けた内容であると同時に、同じように悩む人のお役に立てる情報を詰め込んでいます。[収録時間:180分]

梅花心易講座5 現象や手から立卦する/読み解きのコツ編

梅花心易の無筮立卦の本懐とも言える現象から立卦する方法と「手相」の最終兵器とも言える手卦をお伝えいたします。梅花心易は道具を使わずに立卦することができます。「知りたい」という意思があれば、それがそのまま卦として現れます。いろいろ試しましたが正直「ツール」は関係ありません。そして、その立卦の情報源となるものが「自分が集中できるもの」や「自分や相手が気づきやすいもの」の方がより正確な答えとして出してくれます。手が好きな人は手を見れば良いですし、アイドルが好きな人はアイドルを見て立卦する。そして「見る」だけではなく、聴覚・嗅覚・味覚・触覚といった他の五感からも立卦する方法をお伝えいたします。梅花心易の自由度を最大限に感じ、それを活用させる講座だと思います。[収録時間:180分]

梅花心易講座6 外卦内卦詳説+三十占例解説編

これまでの梅花心易講座では体と用を使って主体と客体を区別させた占断方法を主としていました。しかし、状況や占的によっては体用に分断固定された見方では少しわかりにくい場合があります。判断が用意でわかりやすい梅花心易ですが、より柔軟かつ的中率を高めるために外卦内卦の別の使い方をご紹介させていただきます。この考え方は周易を学ぶ上でも役に立ちますし、易のみならず四柱推命や気学の日盤鑑定でも役に立ちます。シンプルだからこそ応用範囲が広い梅花心易の面白さを改めてお伝えできれば幸いです。また、本講座では外卦内卦の詳説だけではなく、皆様から頂いた梅花心易に関するご質問にお答えさせていただきます。時間に限りがございますので、30占例のみとなりますが、併せて「解説編」とさせていただきます。詳細はこちらから。

梅花心易講座1〜5 全受講コース

第1回目 超初級者講座
第2回目 応機法 編
第3回目 八卦詳説・姓名判断・卦と現実のクロージング 編
第4回目 自分の方針を決める編(方位/引越し/物件/転職復職)
第5回目 現象や手から立卦する/読み解きのコツ
全てを一気に受講されたい方におすすめの少しお得なコースです。
[収録時間:180分×5]

周易講座1 沢天夬・天沢履・天水訟・水天需

沢天夬・天沢履・天水訟・水天需 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座2 水山蹇・山水蒙・山雷頥・雷山小過

水山蹇・山水蒙・山雷頥・雷山小過 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座3 雷風恒・風雷益・風火家人・火風鼎

雷風恒・風雷益・風火家人・火風鼎 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座4 火地晋・地火明夷・地沢臨・沢地萃

火地晋・地火明夷・地沢臨・沢地萃 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座5 天山遯・山天大畜・水雷屯・雷水解

天山遯・山天大畜・水雷屯・雷水解 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座6 山風蠱・風山漸・雷火豊・火雷噬嗑

山風蠱・風山漸・雷火豊・火雷噬嗑 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座7 風地観・地風升・火沢睽・沢火革

風地観・地風升・火沢睽・沢火革 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座8 地天泰・天地否・天雷无妄・雷天大壮

地天泰・天地否・天雷无妄・雷天大壮 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座9 水風井・風水渙・ 山火賁・火山旅

水風井・風水渙・ 山火賁・火山旅 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座10 雷地豫・地雷復・風沢中孚・沢風大過

雷地豫・地雷復・風沢中孚・沢風大過 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座11 火天大有・天火同人・地水師・水地比

火天大有・天火同人・地水師・水地比 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座12 沢山咸・山沢損・天風姤・風天小畜

沢山咸・山沢損・天風姤・風天小畜 について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

周易講座13 水火既済・火水未済・山地剥・地山謙

水火既済・火水未済・山地剥・地山謙について解説すると同時に梅花心易・断易(五行易)の例題を1占ずつ、合計8占解説しています。梅花心易・断易で占う上でも周易の考え方は非常に役に立ちます。解説(知識)だけではなく実占(応用)を意識した周易講座です。[収録時間:150分]

断易(五行易)講座1 立卦編

断易(五行易)は3つの易の中でもっともハードルが高いです。しかし、占的や術者によってはもっとも高い精度で答えがはっきり出てきます。断易の面白さは現象やシンボルの有機的な繋がりを感じながらも、的確に答えを出してくれるところです。

梅花心易も手軽でスパッと答えを出せるのですが、どちらかというとアート寄りの頭の使い方をします。打って変わって断易はどちらかというとシステム寄りの占術です。もちろんアート的な要素もあるのですが、易の中ではシステム要素が強いです。ふわふわしていないので現実主義できっちり答えを出したい人に向いています。そんな断易なのですが、どうしても「習得までのハードルが高い」というデメリットがあります。断易は立卦(占うための準備)さえしてしまえば、あとは解説しているサイトや本は割とあるのですが、この立卦までをきっちり書いている本や媒体が本当に少ないです。あるにはあるのですが、値段がちょっと高かったり、やっぱりそれでもわかりにくかったりします。読み解きは術者によって違って当然だと思うのですが、そもそもその読み解きのためのスタートラインに立つまでが大きなボトムネックになりがちなのです。そのような背景もあり少々敷居の高い断易なのですが、オンラインサロンに参加されている方限定に断易講座(立卦編)を開講したところ、80%以上の方が2回目以降の読み解き編を受講してくださっています。1回目の断易講座(立卦編)をさらにブラッシュアップして、「わかりやすさ」を高めたものを今回改めて開講いたします。断易はとにかく最初(立卦するまで)が肝心です。ここをいかに超えるかです。[収録時間:180分]

断易(五行易)講座2 占断基礎概念編

断易講座1ではまず最初に誰もがつまづきやすい「立卦方法」について重点的にお伝えしました。この断易講座2からは立卦した結果をどう見ていくか?について解説していきます。断易の読み解きは確かに複雑でルールが多いように見えるのですが、まず導入として大局的に「どう卦を見るのか?」についてお話しています。卦を読み解く上で重要な「軸」をこの授業で認識していただきます。断易の良さは「俯瞰できること」なので、読み解きをする術者の視点をマクロ↔︎ミクロで切り替えるコツをお伝えしています。さらにその上で「用神」という横軸の捉え方についてもご説明しております。かなり抽象化して表現しておりますので「暗記する」というよりも用神各々の立ち位置や関係性のようなものを「理解する」ことを主眼に置いてご説明しております。[収録時間: 180分]

断易(五行易)講座3 発動編

前回に引き続き占断時の基礎ルールでもある「発動」(変爻)をどう捉えるかを解説いたします。オンラインサロンで過去に開講しているこの講座ですが、さらに内容を再構築してお伝えする予定です。とにかくわかりやすくひとつずつお伝えしていくことを目的にしている断易講座ですが、必ずご紹介した概念を「どう使うか?どう読み解くか?」という実例も一緒にご紹介しています。授業の中では受講されているみなさんに一緒に考えていただく時間もとりますので、体験しながら身につけていっていただければと思います。[収録時間: 180分]

にしけいの旬話しゅんばなし1

相術・気学・易・占星術・神話・現象百般…そのとき僕にしけいが「これは面白いから伝えたい!」と思う話を自由にお話していきます。実占において気づいたこと、旅先などで発見したこと、面白いと思った書籍の紹介など…ざっくばらんにお話していきます。(180分)

■今回の主なトピック
・荒ぶるものを押さえる、活用する。
・旬を取り入れる効果効用と効用の理論
・笑いはなぜ起こるのか?
・怒りと悲しみの違いを説明できますか?
・その違いから見えてきた思わぬ副産物
・Medicinal Creationの話

■聴講料:
8,000円

■オンライン・動画のみ

全3回四柱推命超入門講座

四柱推命を全く知らない、興味はあるけれど挫折した、よくわからないまま放置してる…という方向けの全3回の四柱推命講座です。四柱推命は枝葉やルールが多く、本や人によって言説に差が大きいです。それゆえ「結局、何をやっているの?」という要点をつかむ前に挫折してしまう人が多いようです。軸の部分を理解できれば枝葉の部分の理解も早いのですが、なかなか軸まで到達できない…という方向けに「とにかくわかりやすく大局をつかむこと」を目的とした講座です。結局のところ何をしているのか、なぜそのようなことをしているのか。東洋占術や四柱推命に対してのハードルを払拭し、少しでもその楽しさを味わっていただければ幸いです。東西問わず各種占術への変換もご紹介しております。

【全3回】

■1回目:2021年5月3日10:00-13:00
・四柱推命は何をやっているの?
・なぜ生年月日を使うのか?
・4つの柱は何を意味するのか?
・通変を超抽象化して理解する

■2回目:2021年5月3日14:00-17:00
・十干って何なのか?
・十干ってどう使うのか?
・なぜ十二支と組み合わせるのか?
・通変って結局何をやっているの?

■3回目:2021年5月4日10:00-13:00
・大運って何をしているのか?
・なぜ月の要素をあれこれいじるのか?
・ドラフト会議に近い
・どう育てるかを具体的に考えるには
・とりあえず大まかに理解した上でどう使うか

■受講料:
 28,000円

■オンライン・動画のみ

Scroll to Top