なぜ玄関を掃除するだけで仕事や人間関係の流れが上向くのか?

これは僕が経験した中で得た経験則なのですが

家の玄関と自分の家まで入る動線をほうきではいて掃除をすると次の日ぐらいから仕事の依頼がよく入るようになるのです。

逆に、掃除をサボっていたり長期外出で掃除しないでいるとわかりやすくお仕事の量が減ります。

これはサラリーマンの頃からも続けていた実験なのですが、玄関の掃除をするとわかりやすく人間関係や仕事の流れがスムーズになるのです。

というよりも「よどんでいた状態」がリセットされるようなのです。

自分が10%しか努力していないのであれば、その結果が10%でもいいのですが

120%の力で努力した結果が10%しか返ってこないと、なんかもうやる気なくしちゃいますよね。

たぶん玄関が汚い状態だと、後者の現象がわかりやすく起きます。ロスが大きいというか。何かを達成する上での抵抗が大きくなるのです。

これは「にしけいは」体験していますが、全員が全員効くかどうかはわかりません。

しかし、100均で買ってきたほうきとちりとりと3-4分ほどの掃除で「うまくいきにくくする抵抗」がはずれる可能性があるのであれば、かなりコスパはいいと思いませんか?

 

玄関のにおい

気学をいろいろ研究していくと、「気」に作用を及ぼす要因が収斂されていきます。

その要因の1つが「におい」です。

空間の中に分子が存在するということは、すでにその空間に「何か」が存在しているわけです。

無から有が生まれるわけですが、既に有の場所にはこれ以上新しいものが発生できないわけです。

これはあなたと同じ座標・時間(時空間)に他の人物が存在できないのと同じで、空気中に「におい」が存在している場合、そこには「無→有」は起こりません。

玄関は靴が置いてあります。靴は人間の足の汗やホコリや泥などが付着しており、毎日念入りに洗ったりしない限り何かしら「におい」を発生させ続けるわけです。

特に古い靴は古い靴特有のにおいがあり、そもそも玄関に靴がたくさん置いてある状態は靴が存在しているため玄関で無→有が起こりにくくなるわけです。

また、「においをごまかす」ための芳香剤やアロマも微妙です。結局空気中に物質を存在させてしまうので、僕は逆効果だと思っています。

あとは単純に「におい」は不快なものになります。あまり気にしていなくても、玄関に入って呼吸している限り鼻を通して靴から発生した嫌な匂い成分が体内に入ってきます。

玄関掃除をするときこれらの靴を一度動かしたり、靴箱に入れたりしなければなりません。なので、自然とにおいの発生源である靴を整理することができるのです。

にしけい家では極力、靴は下足箱に入れています。出しておくとしたら1人1足が限度です。いくら玄関が広くても1人2足も出すとその分、においの発生源が増えてしまうのです。

 

恐ろしい砂の存在

玄関掃除がなぜいいか?

2つ目の理由が「砂」です。

これまでに「墓相」についてもいくつか記事を書いてきていますが

【選択肢はあなた次第】お墓がないとどうなるの?お墓の機能について(永代供養・ハイテク共同墓地・散骨・樹木葬は?)

 

時間がなくてもお墓参りに行っておいた方がいい理由(原因を濃くすると結果が濃くなる)

 

日本でもお墓には石を使いますが

「石」というものはどうも昔から「思い込み装置」に使われてきているようでして。

なんというか正直、石ってめちゃくちゃ「呪術性」が強いアイテムなんですよね。念を込めるというか。

良いものも悪いものも染み込んで「記憶する」ためのCDのような装置なのかなと考えているのですが

この石が粉々になったものが「砂」です。

昔から気学では「お砂取り」という運気を変える技法がたびたび紹介されていまして

簡単に言うと、吉方位にある神社(たまにお寺とする場合も)から砂をわけてもらって自分の家の敷地内に入れるというものなのですが…

これですね、いろいろ手順とか技法に流派があったり、占い師さんや神社によってすすめるやり方が違ったり…ここでは省略させていただきますけれどいろいろあるのですが

結論から言うと、この「お砂取り」は手軽に手を出さない方がいいと思います。ポイントは「手軽に」です。

なぜなら結果がかなり重いからです。つまり効力が大きいです。良くも悪くも強いので、慎重に進めることをおすすめします。あんまりネットの情報だけでやらない方がいいと思います。

で、もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが

石が「情報記憶媒体」と申しましたが、もちろん砂もいろいろ情報を保持することができます。

神社や気のいいところにある砂ならば良いのですが

前日に誰かが殺されたとか、苦しみや憎しみといったネガティブな気が漂う場所にある砂はそれを吸っているわけです。

で、人は靴をはいて外出しますが、ほとんどの人が気づかないうちに「得体の知れない砂」を家の中に運び入れているわけです。

砂粒は人の靴の裏にくっついて思わぬところから思わぬところに運ばれていきます。

すごく極端なことを言うと、殺人事件で被害者が苦悶の表情を浮かべながら死にゆくなか近くにあった地面の砂を握り締めて息絶えたとします。その手の中にある砂を家の中に入れる可能性もゼロじゃないわけです。

なので、こまめに玄関を掃き掃除して砂を外に出してやらないと得体の知れないものが家の中に入ってきて、あなたのスムーズな人生の流れを邪魔する原因になっているかもしれません。

 

「におい」と「砂」を除去する

玄関の方位や向きや状況によって効果は様々ですが、きちんとその方位や向きに沿った効果が出てきます。

すごく一般的でベタな例を出しますが、家屋の西側にある玄関はお金に関する現象が出てきやすいです。

つまりこの西玄関が砂だらけでにおいがひどかった場合、お金に関するトラブルや出費が多くなることもあります。

よくわからないセミナーとか自己啓発系のイベントに参加するぐらいなら、玄関を掃除した方が圧倒的にコスパがいいです。

僕はたまに塩水で玄関を徹底的に拭きまくっていますが、これもかなり効果的です。

今日からでもできることだと思うので、こまめに玄関を掃除してみてください。

 

ちなみに先日、娘が幼稚園から石を拾ってきて玄関前に並べていたのですが、黙って捨てたのがバレたようで…

「なんで石すてるの?」

「だって運気悪くなるもん!」

「…」

娘はとても悲しそうな顔をしていたので、子供たちも積極的に玄関掃除したくなるような絵本を描こうと思います。

タイトルは「うんきがにげた」にしようと思います。

 


にしけい

 

その他の記事
Scroll to Top