【実験】自分のかかとをパンチし続けるとどうなるのか?

 

足のかかとには骨端線という成長する軟骨があります。ここを物理的に刺激すると、細胞が活性化し骨が伸びるので、シークレットブーツのように身長が伸びる可能性があります。

また、「ウォルフの法則」というものがあります。

“正常にせよ、異常にせよ、骨はそれに加わる力に抵抗するのに最も適した構造を発達させる”という法則

日本股関節研究振興財団HPより

この法則から考えても「かかと」をハンマーなどの道具で刺激し続けることで骨が肥大し身長が伸びる可能性があります。

足相や反射区の観点から見ても、かかとは生殖器やホルモンと関係する部分です。

僕は血糖値スパイク気味の症状がよく出て、それが原因で食後にだるくなったり眠くなったりしていました。

▶︎にしけいを苦しめる「二月病」の正体がわかった!

それを克服するために2年前に仙人のような食生活に切り替えて2ヶ月で12kgのダイエットに成功しました。そこから今のところリバウンドはしていませんが、やはり甘いものを食べるとバグる感覚がありました。

 

かかとパンチ実験

 

僕は過去に「こそだて応援赤ちゃんスタンプ」というLINEスタンプを作って販売しています。

その中のひとつに赤ちゃんが「足のここをパンチ!」というスタンプがあります。

 

 

もしかすると、このスタンプは伏線だったのかもしれません…

この赤ちゃんのように、かかとをパンチして刺激すれば良かったのです…!!

ハンマーで叩く方法を採用する人もいますが、僕は己の拳で己のかかとと語り合いたいと思います…!!

 

かかとパンチによって期待できる効果

 

1.身長が伸びる
2.男性ホルモンが元気になる
3.男としての魅力が上がる(?)
4.鬱っぽさがなくなる
5.血糖値スパイクっぽい症状がなくなる
6.拳が固くなり、パンチ力が増す

 

かかとパンチをはじめて2日目

 

足のここをパンチし始めてから2日目、早速効果が…

いつもなら大好きなヴィドフランスのエンゼルソフトを食べると、甘さと小麦粉ですぐにバグ寝してしまうのですが、全く眠くならずにこうして元気にブログを書いています!

 

 

かかとが刺激されたことによって、血糖値スパイクっぽい症状が緩和されたようです。(個人的な感想です)

 

1.身長が伸びる
2.男性ホルモンが元気になる
3.男としての魅力が上がる(?)
4.鬱っぽさがなくなる 
5.血糖値スパイクっぽい症状がなくなる
6.拳が固くなり、パンチ力が増す

 

それ以外の効果は出るのか…?

効果が出ることが分かれば、これはこれで足相・家相・地相といった他の占いと絡めて新たな提案ができそうです!!

効果が出たらまたご報告します!!!パンチするぞ!!!

にしけい

 

【関連記事】
▶︎【グローミン】34歳男性がテストステロン補充クリームを1週間塗り続けた結果
▶︎「2ヶ月で12kg痩せてみてわかった健康の秘訣の話」を開講します。

ブログ記事一覧へ

関連する記事

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。工学修士。 商社の開発営業職を辞めて、占いや相術を生業にしています。本と旅とポケモンと文章を書くことが好きです。黒も好きです。どの国に行ってもスチューデント扱いされます。詳しくはこちらから。

お仕事など

Previous slide
Next slide
お買い物カゴ
上部へスクロール