悪魔のささやきはやりようによっては天使の歌声になりうる?

「○○をしたほうがいい」と言われ、それをやってみて、結果が芳しくなかったり、体調を崩したりした場合、その人のアドバイスの「逆張り」をしたほうがいい場合があります。

「これはおもしろい」とか「これはおすすめ」といった「推奨」したものが、結果的にうまくいかなかった場合、逆張りをしたほうがいいかもしれません。言葉通りに受け取れば最悪のアドバイスですが、その言葉と逆をやれば最高のアドバイスになりえます。

「この人が言うことの逆をやったことがいい」と気づくためには一度、その人が言うことを実行してみる素直さが必要です。疑わず受け入れてやってみるのです。何度かやってみて、おかしいなと気づく勇気も必要ですし、結果や現象をフラットに観察する必要もあります。

「このキノコを食べると健康になります」と言われて、とりあえず食べてみる素直さです。そして結果に対しても素直に見ていく必要があって、そのキノコを食べてお腹を壊し続けるのであれば、いくらおすすめですと言われても、何かを疑う必要があります。このキノコはおすすめされたし自分の体に合っているんだと思い込もうとしても、やっぱりお腹を壊すのであれば、それは合っていないのです。

最終的には自分の責任ですし、よくよく観察してみると、逆張りしたほうが良いアドバイスになる人の言動はどこか安直で無責任である場合が多いです。自分で背負っていくしかないし、背負ったものを下ろせるのも自分しかいない気がします。

何かを思い込もうとしてやったときって、その時点でだいたい失敗しますし、推奨されたものを一生懸命やろうとしている時点で、結構純度低いんですよね。打算という名の悪魔との戦いとも言えるかもしれませんが、その悪魔と逆をやればいいわけです。

にしけい

ブログ記事一覧へ

関連する記事

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。工学修士。 商社の開発営業職を辞めて、占いや相術を生業にしています。本と旅とポケモンと文章を書くことが好きです。黒も好きです。どの国に行ってもスチューデント扱いされます。詳しくはこちらから。

お仕事など

Previous slide
Next slide
お買い物カゴ
上部へスクロール