インド旅行記2−8 コルカタには呼ばれていないのかも?

デリーからどこか別の街に行こうかなと思って、エクスペディアで航空券を取ろうとしているんですけど、なぜか南インド方面の航空券が取れないんですね。

取ろうとすると画面がずっとグルグルしたり、アプリが落ちてしまう。何度か挑戦して、仕舞いにはスマホの電源まで落ちてしまう。(充電はたっぷりある)

それで、東インド(コルカタ)はチケットがなんとか取れたので、Air Indiaの飛行機に乗って無事到着できました。

時期と席によると思いますが、片道1〜2万円ぐらいかな。2時間半ぐらいのフライトです。

機内食はこんな感じ…

デリーからコルカタは1日に10便以上出ているので、けっこう行きやすいと思います。コルカタは国際便で成田とつながるとかつながらないとか…

初めてコルカタに来たのですが、なんかこの感じはエジプトでカイロからアレクサンドリアに来たときの感覚に似ています。

記事に書いていないかもですが、アレクサンドリアけっこう散々だったんですよね。笑

行こうと思っていた世界最古の図書館もワクチン接種者しか入れない&定休日だったし、Uberで乗った車が事故ったり…

レストランも頼みたい料理が全部売り切れで、魚介類が売りなのに、結局解凍したグリーンピースみたいなものしか食べていないという…

いろんな地域を旅していると「あ、なんかこの地域からは歓迎されていないな」と感じるような出来事が起きる場所が結構あるんですね。

国内でもあるんですけど、その地域の人から「にしけいひどい!」と言われそうなので、明言は避けます。自分可愛さです。笑

話を戻すと、ようやくチケットが取れて行けることになったコルカタも同じような感覚になったんですね。

ここからは僕個人の感想と偏見なので、鵜呑みにしないで頂きたいのですが…

なんかこうデリーに比べるとコルカタは「もう発展し切った街」という印象だったんですね。デリーは荒削りなんだけど、まだBOYという感じで、伸び代や勢いがある感じなんです。

コルカタも確かに開発建設途中の建物や建造物はあるんですけど、なんかこう「新しいものをブッ建ててやるぜ!」みたいなアホな少年感がないんですね。

Uberにも何度か乗ったのですが、運転の感じも全然違って。混み具合はデリーのほうが混んでるんですけど、コルカタはスピードを出す車が多くて、ややドライな感じがしたんですね。何度か事故りそうな場面もあってヒヤヒヤしました。

で、これはコルカタという街が悪いのではなく、僕がお呼びではない、来ちゃダメな街という感じなのだと思います。

先述したように「なんか歓迎されていない場所」があるんですよね。

なぜかコルカタへ向かう飛行機に乗ってからめちゃくちゃ腰が痛くなって、コルカタにいる間ずっと腰が痛かったんですね。デリーに戻ってくるとなぜか和らいで…

逆にデリーとか北インドで何かしろってことなのかもしれないので、引き続き流れに身を任せて動いてみます。

にしけい

ブログ記事一覧へ

関連する記事

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。工学修士。 商社の開発営業職を辞めて、占いや相術を生業にしています。本と旅とポケモンと文章を書くことが好きです。黒も好きです。どの国に行ってもスチューデント扱いされます。詳しくはこちらから。

お仕事など

Previous slide
Next slide
お買い物カゴ
上部へスクロール