【手相】最近元気がない?小指をひっぱって精力回復を!

 

実は、ヤクザはセックスに弱いのである。

それは、小指とセックスに不思議な関係が秘められているからである。

結論から言えば、小指を切り落とせば、セックスは弱くなる。

(中略)

ヨガ姿相学では、小指を鍛えることによって、セックスは強くなると教えている。

事実、ある私の知り合いのヤクザに聞いたところ

「小指がなくなってから、あっちの方はさっぱりですよ」といって教えてくれたことがある。

タントラ房中術入門(藤本憲幸) より

 

これは古今東西の手相書にも出てくる「小指の意味」から鑑みても、納得のいく言説です。

 

小指とは?

小指および水星丘は「コミュニケーション力」「金運」「仕事運」を推し量ることができる部位…として紹介している手相本がたくさん見られます。

この小指方向に向かって伸びる線を「水星線」と呼び「財運線」としている書籍も昭和中期ごろから散見されますが、この表現は完全に「客寄せ用のメディア用の表現」にすぎません。

手前味噌になりますが陰陽エントロピー手相術では、この水星丘(小指)を「もっとも高エントロピーでもっとも陽の気が強い部位」と表現しております。

手は胎内で親指から形成され、小指は最後に形成されます。

この順序通りに手の中には「時間軸」のようなものが存在します。親指方向から小指方向に向かい時間が進んでいるような捉え方です。

つまり、小指は「もっとも未来」に位置する指であり「発展」「分散」する力がもっとも強いです。

さらに中国式の掌紋学の規則に則り、指先側を「陽」とした場合、小指はかなり「陽」が強いのです。

「明るい・分散する・未来的」

これは、タンポポが太陽へ向かって茎を伸ばし花を咲かせたのちに綿毛を風に乗せて飛ばしているようなイメージです。

 

タンポポが綿毛を飛ばすのはなぜか?それは子孫を増やすためです。

小指(水星丘)には子孫を残し、発展・繁栄させていく能力が「顕在化しやすいかどうか」が表れます。

子孫を残すために必要なセックスは「他者と交わる行為」です。

他者と交わるためには「コミュニケーション」が必要ですし、健全な肉体が必要です。

おそらく「水星線=財運線」と派生したのは、この「コミュニケーション能力」「他者と交わる力」からだと思われます。

おしゃべりがうまく、相手の気持ちを察することができれば、自然と仕事やお金が訪れます。

そもそも「お金」や「仕事」は他者と交わらない限り発生しませんから、あながち間違えではないのですが、「水星線=財運線」というのは少々短絡的なネーミングだと思います。

「小指に向かって流れる線はお金の線だよ」と紹介している手相占い師がいたら、大変申し上げにくいのですが、あまり深く手相を勉強していないという認識でいいと思います。

 

ポイント1
小指(水星丘)はその人物の「他者との交わり」についての性質がわかる。

 

小指が短いと精力が弱い?

小指は他者との交わりに関係します。

小指が長ければ長いほど「他者との交わり」に対する積極性が高まります。これは心身ともにです。

これまた手前味噌ですが「自分で考えて決めたい人のための手相占い: 動詞と形容動詞で探すあなたを表すキーワード 」という手相本では、小指の長短について下記のように言及しました。

 

決して「小指が短いからダメだ」というわけではありません。少々受け身になりがちであるだけで「受け入れる」「読み取る」「話を聞く」という強みがあります。

ただし、やはり肉体面において冒頭に引用したような「小指が短いと精力が弱まる」ということは結構いろんなところで耳にしますし

実際鑑定していても婦人系や生殖器系と相関はあるように見えます。

また、生殖器の機能を司る「腎精」が弱まると、記憶力や聴力の低下にもつながります。

まるで、対話やコミュニケーションをさせないようにしているかのようです。

ポイント2
小指はその人物の「生殖器・腎機能」と相関がある。

 

小指を伸ばそう

さて、これらを少しでも改善するためにはどうしたらいいか?

簡単です。

小指をひっぱって伸ばしてください。

まず、小指の根本にある水星丘をモミモミして柔らかくします。

痛みがやんわりある方は腎や生殖器が弱っています。

次に指の根本にある血液を指先へ運ぶように、小指を引っ張ってください。

お風呂や休憩中はもちろん、暇さえあれば小指を引っ張ってみてください。

実際、僕はこの方法で小指が少し伸びました。

小指が曲がっている人もゆっくりゆっくりとまっすぐになるように引っ張ってみてください。

ポイント3
小指はのびる。

 

男性も女性も小指をひっぱって楽しいコミュニケーションライフを送ってくださいね。

にしけい

その他の記事
Scroll to Top