手相占いを本気で勉強したい人にまず知っておいてほしい疑うべき手相の読み方

¥3,800

有効: 在庫あり

手相占いを本気で勉強したい人にまず知っておいてほしい疑うべき手相の読み方 書籍A5盤

数多くの手相本が市販され、入門書として適した書籍は多いものの、具体化(キャッチー)しすぎて的中しない、もしくは解釈がしっくりこないものが多いです。
特に「○○線=○○」という一面的な線の見方の紹介/羅列はわかりやすいものの、膨大な量の暗記と読者の思考停止を促します。

今後AIやビッグデータの発達に伴いこのような「インプットをそのままアウトプットするだけの占い師」は不要となります。術者自身、手相の線の読み手自身の言葉でアウトプットしていかないと、人間がやる意義がなくなります。

より抽象化した線の意味を理解していかないと術者自身のオリジナルの言葉は出てきません。このような考えのもと過去に3冊手相本を執筆しましたが、今回はこれまでの「思考停止」の元凶となっている「○○線」と名前がつけられ意味が縛られてしまった相の意味を紐解くと同時に、現代の日本に蔓延する謎の手相ルール・手相の読み方を掘り起こしツッコミを入れていく1冊です。

ベタな煽り方をしますが、手相を本気で勉強したいと思っていない人はこの本は読まなくていいです。

■目次
まえがき
手相は暗記しなくていい
1.神秘十字線(紋)
2.結婚線
3.財運線・金運を見る・お金持ちになれる相
4.フィッシュ
5. 福つかみ
6.仕事運
7.良い手相・悪い手相
8.仏眼(ぶつがん)
9.ファミリーリング/子供線
10.リーダー線
11.旅行線
12.寵愛線
13.反抗線
14.KY線
15.太陽線=人気者・タレント
16.メディカル線
17.人差し指と中指の間からカーブする線=タレント線、良妻賢母線
18.知能線枝分かれ=マルチな才能
19.生命線短い=すぐ死ぬ
20.薄いもしくはカーブが小さい生命線=体力不足
21.三奇紋(覇王線)
22.マスカケ
23.スター(米印)・グリルなど特殊相
24.右手と左手の定義について
24-1「右手は左脳、左手は右脳」
24-2「右手は後天的、左手は先天的」
24-3「右手は顕在的、左手は潜在的」
24-4 「手を組んで親指が上になった方を見る」
24-5 「男は右手、女は左手」
24-6 「右利きなら右手、左利きなら左手」
にしけいの見解
25.西洋占星術ベースの手相占いはサラッと知って早めに卒業しておいたほうがよさそう
26.爪の白い斑点は幸運の印
27.エロ線
28.細かい線を見ない方が当たる理由
29.ひとつの線や相だけで具体的キーワードを生み出す危険性
30.手に○○すると開運する
31.レアな手相
おわりに

今まで手相と向き合ってきて感じたこと素直に書きました。

Scroll to Top