にしけい ポン

「インプットしたばかりのものに引っ張られる病」ってあるよね。

最近読んだ本とか、最近聞いた話とか。インプットしたばかりの知識や情報に引っ張られるというか、とらわれてフラットな判断ができないことがあります。

僕も今でこそ減りましたが、占い教室で習ったことをそのままアウトプットしたり、インプットしたばかりの情報に寄せていくような感じになってしまったり。で、これ「あ、ズレてるじゃん。これ使いどころ違ったな」と気づいて初めて「引っ張られてたなー」って気づくんですよね。

たまに、講座を受講してくださった方が書いたブログとか、占いの結果を見ると「あれ?これ僕がこのまえの講座で話したことでは?」と思うものもあって「引っ張られてるな〜」と思って眺めてます。けど、すごく気持ちがわかるので、なんとも言えない気持ちになります。いや、本当に手に入れたものってすぐ使ってみたくなるよね。感動が大きかった分、それに引っ張られちゃいますよね。

僕もそうですけど、この「インプットしたばかりのものに引っ張られる病」にかかりやすいのは、感情の起伏が激しいというか、知的好奇心が旺盛な人に起きやすい気がします。まー単純に「影響を受けやすい人」というか「次から次へと何かにハマる人」とも言えるんですけどね。

それで、これがなぜ起こるか考えてみたんですけど、たぶんこういうことだと思います。

 

 

 

正直、ハンバーガーをテーブルに置いておいて「ハンバーガーください!」って言われて差し出しているなら「OK」なんですよ。適材適所というか。ちゃんと冷静に状況を見れているときなんです。

でも「野菜ください」って言われているのに「ハンバーガー」を出すってなんか違和感ができちゃうというか。「明日の天気は何ですか?」と聞かれているのに「南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s以上のものを台風と言うんですって」と答える感じです。「台風の定義」をインプットしたもんだから、関連性が低くても、関係なくても出してしまうんですね。

だから「とりあえずテーブルに置いた状態」をなんとかしないと、何の話をしても「テーブルにおいてあるもの」を結びつけてしまうわけです。

どの棚に入れるかちゃんと分類できてないってことは、感情が先行しすぎて冷静にそのものを理解できていないのかもしれませんし、場合によっては「一度忘れる」ことをして、テーブルに置くという状態を解消したほうがいいのかもしれません。

でも、「おお!」と思ったことって、すぐ話したくなっちゃいますよね。すごい気持ちがよくわかるのであんまり否定できないんですが、僕自身これで「あれ、なんか違ったな」と思うことがちょくちょくあるのでグッとこらえて気をつけています。という話です。

にしけい

関連する記事

ブログ記事一覧へ

最近の記事

関連する記事

お仕事など

Previous slide
Next slide

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。化学系工学修士。商社の開発営業職を辞めて、占いとWeb開発などを生業にしています。趣味は読書と旅とポケモン。文章を書くことが好きです。三児の父。詳しくはこちらから。

最近の記事

月に1〜2回ゆるっと配信しています。占いに関する記事やブログに書けないことも書いています。

もっとブログでは書けないことを書いています。

2024年7月24日のこっそり運勢

牡羊座誰かを誘ってみる日。さりげなく個人的に近づく。
牡牛座自分が大事にしているものを主張する日。少し語ってみる。
双子座ちょっとした言葉や行動が染み入りやすい日。ありがたさには感謝を伝える。
蟹座見た目や着飾ることも大事になりそう。外見を意識する。
獅子座量より質を重視する日。良いものを少しだけ。厳選する。
乙女座ケチらずに投資する日。きちんとプロに頼む。
天秤座細かく分ける日。分類。線引きを意識する。
蠍座反芻する日。何度も熟考を重ねる。判断を急がない。
射手座背筋を伸ばして、胸を張る。それだけで前向きに。
山羊座あえて寄り道する。時間がない中でも余裕が生まれる。
水瓶座7割ぐらいの満足度で手を打っておく。控えめが大事。
魚座忘れていたことに大事なことが。思い出したら実行に移す。

ジュピターけいこは無料メルマガポン通でも「ジュピけいのどきどき占い」を連載中です。

お買い物カゴ
上部へスクロール