オーストラリア9 タスマニア(Hobart)に到着

タスマニアにやってきた。タスマニアの存在を初めて知ったのはゲーム「クラッシュバンティクー」かな。小6のころ、辰巳くんの家でクラッシュバンティクー2をやらせてもらってからハマって、そこから「クラッシュバンティクー3」とか「クラッシュバンティクーレーシング」をよくプレイした。縦スクロールアクションゲームなんだけど、あの頃のソニーのゲームはなんか熱かった。

 

Hobartの空港のタスマニアデビル像

 

クラッシュバンティクーのクリア後のクリア動画にタスマニアの動物たちを紹介するショートムービーが入っていて、そこで「タスマニアデビル」の存在を知った。バンティクーはオーストラリアにしか生息しない有袋類で、あのころなぜか有袋類について調べるのにハマっていた。20年越しで、そのタスマニアに来る機会があるとは思いもしなかった。

タスマニアはオーストラリアでもかなり南側に位置していて、南極まで3000kmぐらい。Googleマップで確認してみると確かに南極に近い。日本からタスマニアまでが直線距離で8500kmぐらい。そう考えると、南極って意外と近い気がしてきた。

 

南極近い!

 

メルボルンからタスマニアに向かうとより南極に近づくから、もっと寒くなるのかなと思っていたけど、意外とそんなことはなくて普通にメルボルンよりほんの少し寒いかな?ぐらい。そんなもんなのか。残り2800km進むだけで、あんなに真っ白になるのか。

ホバートの電動キックボードは紫色でなんか可愛い。やっぱりヘルメットが必須のよう。

 

ポケモンGOのユーザーが少ないおかげで、ジムでポケコインを稼ぎやすい。そうそう、ポケモンGOのフレンド登録募集中です。

6232 5530 5256
nishikeipon 

 

 

もしやっている人がいたら、登録してね。

旅は続く!

にしけい

ブログ記事一覧へ

関連する記事

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。工学修士。 商社の開発営業職を辞めて、占いや相術を生業にしています。本と旅とポケモンと文章を書くことが好きです。黒も好きです。どの国に行ってもスチューデント扱いされます。詳しくはこちらから。

お仕事など

Previous slide
Next slide
お買い物カゴ
上部へスクロール