にしけい ポン

「象の絵を自由に描いてみてください(′◡‵)」「象について語りたいです(˶ᵔ ᵕ ᵔ˶)」

「群盲象を評す」という言葉がありまして。例えは何でもいいんですけど、この言葉にちなんで象にしましょうか。

一頭の象を囲んで絵を描いたとします。「象はこういうものです」といって象の長い鼻だけを描く人が大多数いるわけですね。象には他にも無数に特徴があります。でも蓋をあけてみると「象=長い鼻」という固定された認識で描かれた作品が多いわけです。

 

これが象です

 

象を尻から描いてもいいし、象の体を緑色で塗ってもいい。自分が見た通り、自分が感じた通り描く。表現する。それでいいはず。しかし「象はこういうものです。長い鼻をグレーで描いてください。それが正解です」というんです。そうなると世の中には「長い鼻の絵」が大量に溢れかえる。それが象の全てであるかのように。

 

それで「わしには象がこう見えるんです」と言って真っ赤な丸を3つ描いたりすると「頭がおかしいのか」とか「それは象じゃない」とか、この世界から切り取ろうとするわけですね。ないものとして、異物として除去しようとするわけです。

 

象を描いたぞよ

 

「象」を本当に知りたいのなら、いろんな角度から見た「象の絵」があったほうがいいわけです。ひとつの方向に収斂させられた、象の鼻だけ切り取られた絵ばかり溢れているんですね。もう一度言います。

本当に象を知りたいなら・・・・・・・・・・・、いろんな角度から、いろんな表現がなされた象の絵があっていいわけです。

「象は長い鼻を描けって言われたから」と言って、長い鼻の絵を描く。そしてそれが正解だと。それ以外は不正解で頭がおかしいやつが描くものです、と。自分なりに観察して、自分なりに考えて、吟味した結果描いた象の絵があったとしても、それが長い鼻の絵ではなければ「不正解」だとする。排除する。だからいつまで経っても「象」が何なのかちっともわからない。

「象について研究してるんですよ」「自分は象について専門家なのでよくわかっていますよ」と言いながら、鼻の絵だけを並べて、「これが象なんです」と自慢げに語る。そして、それを賞賛する人々。「やっぱりさすがプロはすごいですね!」「やっぱり象はこれですよね!専門家が言うから間違いない!」伝統。権威。歴史。専門家。ただでさえ「群盲象を評す」なんですよ。どこまでいっても象の全体は計り知れないわけです。それなのに「象は長い鼻です」というようなことをしてる場合じゃないんですよ。

「象」を本当に知りたい、象を本当に学びたいのなら、行動が変わってくるはずなんですよ。選択が変わってくるはずなんですよ。本当に知りたい人がとるべき行動をとれば、少しだけ「象を知ること」に人類が一歩近づくわけですよ。僕がこんなことを書くということは、占いの話なんですけど、他の分野でも見られる現象だと思います。自由に象を見て、描いて、何が悪いの?

こんなことを書くと「”鼻を描く人たち”がたくさんいるから、”耳の絵を描く人”が目立てるんじゃない!感謝してよ!」という話を展開する人もいますけど、目立ちたくてやってるんじゃないんですよ。素直にやってるだけなんですよ。象について知りたいだけなんですよ。特別でも何でもないんですよ。

素直に描かれた象の絵。僕はそういう絵が好きです。その人が見た象、その人が考えた象。丁寧に描かれていなくてもいい。わかりやすく描かれていなくていい。そういう絵が僕の世界を広げてくれる。少しでも象を知る手がかりになる。僕はそういう絵に価値があると思います。

にしけい

関連する記事

ブログ記事一覧へ

最近の記事

関連する記事

お仕事など

Previous slide
Next slide

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。化学系工学修士。商社の開発営業職を辞めて、占いとWeb開発などを生業にしています。趣味は読書と旅とポケモン。文章を書くことが好きです。三児の父。詳しくはこちらから。

最近の記事

月に1〜2回ゆるっと配信しています。占いに関する記事やブログに書けないことも書いています。

もっとブログでは書けないことを書いています。

2024年7月18日のこっそり運勢

牡羊座成し遂げる日。小さくても達成感を。
牡牛座自分をねぎらう日。まずは小さなプレゼントを。
双子座海に浮かぶように過ごす日。一人の時間と空間を。
蟹座バランスよく盛り付ける日。上から全体を見る。
獅子座緩和させる日。緊張と焦りをやわらげて吉。
乙女座上昇気流にのる日。軽やかに。偏見なく過ごす。
天秤座臨場感をもって過ごす。他人事も自分ごととして考える。
蠍座今月前半を振り返る日。後半戦に向けて。
射手座きちんと伝える日。身近な人ほど伝わっていないかも。
山羊座自分の気持ちを確認する日。本当はどうなのか?
水瓶座誰かを集めたりするには良さそう。声をかけてみる。
魚座新しいお店に行ってみる。知り合いになれるかも。

ジュピターけいこは無料メルマガポン通でも「ジュピけいのどきどき占い」を連載中です。

お買い物カゴ
上部へスクロール