にしけい ポン

勉強や学習につまづく人は「ドライバー1本」で戦おうとしているのかも

「学校の勉強がやだ、宿題したくない」と嘆く長女を見ていて、過去の自分と重ねていました。

僕も勉強が苦手でした。長女と同じように僕も算数が苦手でした。最初のハードルは引き算でした。なんで目の前からりんごが消えるのか意味がわからなかったのです。

そんなこんなで今、自分は教えるお仕事をしているのですが…

過去の自分も含めて、勉強や学習につまづく人の頭の中がどうなっているのか言語化できそうなので、書いていきます。

 

チューイングガムカリフォルニアロール食べたことありますか?

 

まず結論を言うと、勉強や学習でつまづく人とそうでない人の違いは「結びつける力」のようです。

これは国語も算数も社会も理科もそうなのですが「結びつける力」が弱いと、どうしても何かを学ぶ上でつまづきます。

例えば、新しく「チューイングガムカリフォルニアロール」という言葉を耳にしたとします。

このとき「チューイングガム」と「カリフォルニアロール」というものを知識として知っていれば「カリフォルニアロールの中にチューイングガムが入ってるのかな」と想像することができます。想像するとちょっと気持ち悪いです。どう食べていいか分からず「うえっ」となるかもしれません。

ではここで「カリフォルニアロール」というものが何なのか知らないけれど「カリフォルニア」と「ロール」という言葉の意味は何となく知っていたとします。

「カリフォルニア」は海外の地名です。「カリフォルニア?海外?どこかの州?」と連想して「ロール」は「巻いてある細長いもの」なので「海外の特定のエリアの細長いもの?」と連想するかもしれません。

ここで「チューイングガム」は「昔そう言えばよく噛んだな」と噛んだ経験をしたことがあれば「どこかの国で生まれた細長いチューイングガム?」という連想をするかもしれません。

このように「新しい言葉」や「概念」が出てきたときに、人はこれまでに蓄積した知識や情報を引っ張り出してきて「結びつけて」新しい言葉や概念を理解しようとします。

「チューイング」も「ガム」も「カリフォルニア」も「ロール」も知らない状況だと「チューイングガムカリフォルニアロール」という言葉を聞いただけでは、言葉の切断部分すらわかりません。

「チュー」「インガ」「ムカリフォル」「ニ」「アロール」となるかもしれません。

 

 

洗濯機を修理する

 

 

突然ですが、あなたの目の前に壊れた洗濯機があります。

そして、その洗濯機の近くに「洗濯機のネジ」が落ちていて、あなたは洗濯機を修理しようとドライバーを探しに物置へいきます。

「あったあった、これで直るだろう」と、あなたは1本のプラスドライバーを手に嬉しそうに洗濯機へ歩み寄ります。

しかし、そのプラスドライバーではネジ穴が合わず、ネジをとめようにもうまく止まりません。そもそもこれはプラスネジではなく何やら形状が違うようです。

 

ここであなたならどうしますか?

 

①別のドライバーや工具を探しにいく

②同じプラスドライバーで何とかネジをしめようと試みる

 

多くの人が①の「別のドライバーや工具を探しにいく」を選ぶと思います。

しかし、勉強や学習につまづく人は②を選びます。

手元にある1本のプラスドライバーで強引にネジをしめようとするのです。

 

「そんなわけないだろう」と思われるかもしれませんが、実はやっていることはこれと全く同じなのです。

 

1本のプラスドライバーに執着する

 

新しく出てきた「概念」や「言葉」は新しいというだけあって「未知」なわけです。

先ほどの洗濯機の話で言えば「ネジ」です。

もっているプラスドライバーではうまく噛み合いませんでした。

既存の工具、つまり自分の中の既存の知識や経験だけでは「結びつき」が見いだせません。

そうなってくると「新しい工具」が必要になります。

しかし、勉強や学習につまづく人は「自分の中にある数少ない経験や知識(1本のプラスドライバー)」と「新しい概念(未知のネジ)」を無理矢理結びつけようとします。

その結果、違和感が生まれたり、新しい概念が全く理解できなかったりして、これがボトルネックになります。

ここで「とりあえず新しい工具を探しにいくか」と素直に「いろんなこと」をインプットすれば、工具が増えるので、目の前のネジをしめるのに良さそうなものが出てきます。

「いろんなこと」をインプットした分だけ、新しい言葉や概念を理解する確率が高くなり、学習スピードが早くなります。

冒頭に述べた「結びつける力」というのは「いろんな工具(知識)をもっているか」ということなんです。

 

なので、何かを学ぶ上で「インプット」つまり「工具を増やす」ことができないと、いつまで経っても新しい概念は理解できません。

「工具を増やそうとしない」つまり、頑固な人は「偏った知識」ばかり増えていきます。同じプラスドライバーばかりを何本も集めているわけです。

「新しい(種類の)工具」を手に入れようとしないわけですから、頑固というか「自分はこれでいい」という漫然とした姿勢なわけです。「このプラスドライバーでしめられないネジは異常だ」と排除する可能性も出てきます。そうすると、より一層新しい工具が手に入らないわけですから、何も学習が進まないわけです。

つまり根底には「楽したい」とか「新しい知識をインプットするエネルギーをケチりたい」という気持ちがあって「私がもっているプラスドライバーに合ったネジをちょうだいよ」と傲慢な態度を見せるようになり、人も離れていきます。

つまり「私にわかるように説明してくれる存在はいい人」とか「あの人の話は意味がわからない」といった「強烈な分別活動」が起きます。

自分の工具の種類が少ないため「自分の工具が使える」「使えない」といった具合に他者や新しい概念を「分別」するようになるのです。

これは一種の「拒絶反応」として現れます。「あの分野は嫌だ」とか「あれば論理(常識)的じゃない」といった形で拒絶が起こるんですね。

 

「分別」すればするほど消える可能性

 

恋愛経験が少ないうちも「新しい相手」が出てきたときに「少ない判断材料」で相手を測ろうとします。

 

しかし、恋愛に限らず、選り好みせずいろんな人と付き合ってみることで、工具の種類が増えていきます。

すると「あけしめできるネジ」が増えてきます。

突然現れた目の前の人を「結びつける材料」がたくさんあると「この人はこんな感じの人」とか「この人はちょっと怖いかも」といった「人を見る目」が養われていきます。

 

話が少しそれてしまいましたが…

「工具」を増やすためには、選り好みせず「いろいろな種類」の工具をインプットする必要がありそうです。

使い慣れたプラスドライバーを使うのは確かに楽かもしれません。

しかし、それに固執して、こだわって、新しい工具を入手(インプット)する時間や労力をケチっていると、それがボトルネックになり「新しい概念」「新しい言葉」「新しい相手(存在)」を受け入れられなくなるようです。

 

もう一度お聞きします。

自分が既に持っているプラスドライバーでは開け閉めできないネジが現れました…

 

①別のドライバーや工具を探しにいく

②同じプラスドライバーで何とかネジをしめようと試みる

 

あなたはどちらを選びますか?

 

自分の中の少ない「材料(情報・経験)」で無理矢理結びつけようとしていませんか?

いろんな工具が増えれば増えるほど、分かるものも増えて、楽しくなるはずです。

「とりあえずいろんな種類のインプットを増やす」という気持ちで、いろんなことをやってみるといいのかもしれません。

 

 

にしけい

関連する記事

ブログ記事一覧へ

最近の記事

関連する記事

お仕事など

Previous slide
Next slide

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。化学系工学修士。商社の開発営業職を辞めて、占いとWeb開発などを生業にしています。趣味は読書と旅とポケモン。文章を書くことが好きです。三児の父。詳しくはこちらから。

最近の記事

月に1〜2回ゆるっと配信しています。占いに関する記事やブログに書けないことも書いています。

もっとブログでは書けないことを書いています。

2024年7月18日のこっそり運勢

牡羊座成し遂げる日。小さくても達成感を。
牡牛座自分をねぎらう日。まずは小さなプレゼントを。
双子座海に浮かぶように過ごす日。一人の時間と空間を。
蟹座バランスよく盛り付ける日。上から全体を見る。
獅子座緩和させる日。緊張と焦りをやわらげて吉。
乙女座上昇気流にのる日。軽やかに。偏見なく過ごす。
天秤座臨場感をもって過ごす。他人事も自分ごととして考える。
蠍座今月前半を振り返る日。後半戦に向けて。
射手座きちんと伝える日。身近な人ほど伝わっていないかも。
山羊座自分の気持ちを確認する日。本当はどうなのか?
水瓶座誰かを集めたりするには良さそう。声をかけてみる。
魚座新しいお店に行ってみる。知り合いになれるかも。

ジュピターけいこは無料メルマガポン通でも「ジュピけいのどきどき占い」を連載中です。

お買い物カゴ
上部へスクロール