【歩いて引越し8日目】磐田市〜掛川市

前日の雨も打って変わって快晴。

磐田市を出発して掛川市を目指します。

前日の筋トレ効果もあり、この日は絶好調。

メキメキと歩いていたところ、1台の車が僕の後ろに停まりました…!

何かなと思ったら…!

カンパを頂いたことも嬉しかったのですが、何よりも会いにきて頂いたことが嬉しかった…!!

しかも、田内さんは異業種交流会か何かの体験会のようなものに僕が1回参加したときにお会いしたのですが、その1回で覚えていてくださったことも嬉しかった…!!

嬉しいときは素直に嬉しい!実際この日は「嬉しい!」と叫んだ!誰もいない道で僕はひとり叫んだ!嬉しい、と!

磐田を出て、愛野駅を経由して掛川へ向かいました。

愛野はFIFAワールドカップとか先日のラグビーでも会場になったようで、静岡はやっぱりスポーツ推しだよなぁ…としみじみ。

磐田でも街のほとんどがジュビロ推しだったので、ジュビロ磐田といえば「ゴン中山でしょ」で知識の更新が止まっている僕が申し訳なくなりました。

1994年のJリーグ開幕当初はすごい熱心にサッカーを見ていたので、柱谷とかシジマールとかビスマルクとかジェフ市原のリトバルスキーとかすごい応援してました。なぜかこの時期のJリーグだけは詳しいです。

掛川市に入ると、工場が目立ちました。歩道はあることはあるのですが、細くなったりガタガタで後半はちょっと失速しました。

↓大塚製薬

 

↓丸大

 

途中ポーラ化粧品の工場もあって、敷地内の北西から北にかけて「池」があって、ああ、なるほどなぁ…化粧品だもんなぁ…と地相的な悦びを感じていました。

 

磐田〜掛川は地味に長かったのですが、やはり前日の筋トレ効果と荷物減らし効果もあり足取りは軽かったです。

磐田〜掛川 18.8km 3万歩をなんとか歩き切り、この日はフィニッシュ!

ちなみに歩いている途中に母にLINEをしたのですが、初めて息子が歩いていることを知ったようです。

このブログは親戚のおじさんやおばさんが読んでいることは知っているのですが、いつもだいたいそのおじさんが親戚の集まりで僕の母に「にしけいの近況報告」をしてくれるそうです。

にしけい家はむかしからこんな感じで基本的に他の家族が何をしているか興味がないというか、個人主義というか、サラッとした人間関係だったので、僕も「放っておいてくれる方が楽」みたいなところがあります。

とは言いながらも、この日は会いにきてくださった方がいたことに大喜びした1日でした。

明日は山越え!!気合入れていくぞ!!

つづく!!!

【歩いて引越し9日目】掛川市〜島田市1(掛川駅-道の駅掛川-小夜の中山トンネル)

 

その他の記事
Scroll to Top