オーストラリア15 ウルルって…

今回、ウルル(エアーズロック)とアリススプリングをヘリコプターに乗って上空から見るというツアーに申し込んでみました。ヘリコプターは人生初めてです。救援とか救助が初めてにならなくてよかった。

ヘリコプターの出発所はホテルから車で数分のところにありました。出発所についたら、まずヘリコプターに乗るときの注意事項をまとめたDVDを見ます。

僕だけ英語が聞き取れていなさそうだったので、心配だったのか「DVDに字幕をつけるよ」と言ってくれました。字幕はドイツ語でした。「Oh! I’m Japanese!」とツッコミを入れたら、ガイドのお兄さんは嬉しそうに笑っていました。どうやらオーストラリアンジョークだったようです。

 

日本語字幕で視聴します

 

基本的には「パイロットの言うことをちゃんと聞いてください」という内容でした。

 

いざ、ヘリコプターに乗り込みます!!

 

 

 

1人だったので、操縦席の隣の特等席(?)でした!

 

やった!

 

いちおう、ヘリコプターに乗る前にヘリコプターが墜落しないか占ってから乗っています。何かの講座で解説したいと思いますが、お気づきのように結果は墜落しませんでした。よかった。

 

そのまんまだ…

 

よく写真などで見るエアーズロックですが…本当に写真で見るまんまでした。

とにかく大きい!!!

 

 

シンガポールのマーライオンやエジプトのスフィンクスの実物は「ちょっとがっかり」という感想を抱く人が多いのですが、エアーズロックは本当に噂や写真通りでした。マチュピチュ遺跡もそうでしたが、「世界史の資料集の写真そのままシリーズ」に認定していいと思います。

 

本当にそのまま…

 

 

アリススプリングもそのまま…

 

30分の飛行時間で3万円ぐらいしましたが、登山できない今だったら乗る価値ありだと思います。本当によかった。

 

ウルルを見て率直に思ったことは、「これは、目指す場所だな」ということです。

何もないところにあんなに大きな岩があったら、理屈は抜きにして『目指す』という感じになると思うんですよね。

何もない平原で、誰かと出会いたい時、何かを求めたいとき、たぶんあそこを目指して歩くと思うんです。誰かいるだろう。何かヒントがあるだろう。雨風をしのげるかもしれない。自我を見失いそうなことがあっても、目印になる。指標になる。一歩前に踏み出せる。無条件で『目指す場所』という感覚になったんですね。

それと同時に『帰る場所』でもあったんだろうなと思いました。お手本にすべき先生でもあり、帰りを待っていてくれる母親でもあるような。この地に暮らす人たちが、聖地として崇めたくなる気持ちもわかるような気がしました。「存在感」「揺るがなさ」があるだけで、人々に崇められる。存在するだけで、何もしなくても価値がある。アイドルや神の究極系を体現しているような気がしました。

私たちの祖先である類人猿が誕生したと言われるのが500万年前ぐらい。ウルルは7000万年前からこの状態だったらしく、見えている部分も全体の5%。本当に氷山の一角。何もかもスケールが違いすぎることが、理屈抜きで分かる場所でした。死ぬまでに一回は見て、その存在感を感じて欲しい場所です。

 

旅は続く!

 

にしけい

ブログ記事一覧へ

関連する記事

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。工学修士。 商社の開発営業職を辞めて、占いや相術を生業にしています。本と旅とポケモンと文章を書くことが好きです。黒も好きです。どの国に行ってもスチューデント扱いされます。詳しくはこちらから。

お仕事など

Previous slide
Next slide
お買い物カゴ
上部へスクロール