混化との付き合い方次第で全て「ラッキー」にできる

シンプルなことなので短めの記事です。

 

イレギュラーにエネルギーをもらう
▶︎ラッキー

イレギュラーにエネルギーを注ぐ
▶︎アンラッキー

 

ラッキーとアンラッキーは基本的に「混化」なので、同じです。

予期せぬことに助けられるのか、予期せぬことに振り回されるのか。

予期せぬこと=イレギュラー=混化=水です。

 

それで、多くの人がイレギュラーにエネルギーをもらう側にまわりたいわけですけど、簡単です。

 

「あるものを利用する」

 

この気概をもつだけでオッケーです。

 

「冷蔵庫にあるものでなんか美味しいものを作っちゃう」

「この状況を楽しむ」

「トラブルも利用してやる」

「タダでは転ばない」

 

こういった精神があれば、基本的にほとんどのことが「ラッキー」だと感じられるようになります。

 

逆にイレギュラーにエネルギーを注ぐ人は「レギュラーへの執着」があります。

頭で考えていたことや、予定していたことに戻そうとするために、エネルギーを注いでしまうんですね。

 

「こうでなければいけない」

「今日はカレーを作るから、ジャガイモを買ってこなきゃ」

「この人とでないと楽しめない」

まず、これを捨てるだけで「アンラッキー」だと思う頻度はガクンと減ります。

 

極端なことを言うと、前者は無人島でもやっていける人ですし、後者はお金や時間があっても精神を病むでしょう。

小さな「いつもやらないこと(イレギュラー)」を重ねることで「あ、意外といける」ということが増えて「ラッキー」だと思えることが増えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

占い館「アーリー」代表・木田アリサ

 

 

 

 

 

 

木田アリサ

ブログ記事一覧へ

関連する記事

書いている

西田 圭一郎

1987年富山市生まれ。工学修士。 商社の開発営業職を辞めて、占いや相術を生業にしています。本と旅とポケモンと文章を書くことが好きです。黒も好きです。どの国に行ってもスチューデント扱いされます。詳しくはこちらから。

お仕事など

Previous slide
Next slide
お買い物カゴ
上部へスクロール