【占い論】占えるようになるには理論よりも実践あるのみ

 

ああだこうだと占いの理論をブログで書いておりますが…

手相占いのテクニックまとめ

にしけいメソッド(占い編)

 

僕は「占いは”理論”よりも”実践”の方が大事」だと思います。

 

僕がこうして書き出している情報は、実践から導き出した法則であったり

「こうなんじゃないの?」という「予測」だったりします。

この「予測」を確認するためにも、日々実際に鑑定するというのは非常に大事です。

 

占いは「誰かに会って、占う」ということが一番、勉強になります。

占い師になりたかったらまず「誰かを占う」ことが何よりも近道です。

 

僕のブログを読んで「ギャースカギャースカと理論ばっかり並べ立てやがって」と思われるかもしれませんが

「実践の数が多いからこそ」理論が生まれる数も多いのです。

 

占っている最中はイレギュラーばかりです。

既存の法則や理論が全く通用しないこともしばしばあります。

 

しかし「実践での失敗や疑問」があるからこそ「もっと分かるようになりたい」という意欲が湧いてきます。

この意欲が新たな知識吸収や新説発見に繋がるのです。

 

多いか少ないかは分かりませんが、僕は平均すると2人/日は占っています。

手相教室での質問メールも合わせると、月100人ぐらいは占わせてもらっています。

キャリドヤ、数ドヤをするつもりはありませんが、やっぱり何より実践が大事です。

 

イレギュラーの連続だからこそ、理論が大事だし

理論が生まれるためには、イレギュラーを積み重ねる必要があります。

頭デッカチにならないように。

 

にしけい

 - にしけいメソッド(占い編), 占い師の話

関連記事

バラナシの少年とその家族(インド旅行記21)

[前記事] バラナシの雹と少年(インド旅行記20) [最初から読む] 出発編(イ …

「行列ができる占い師」「予約3ヶ月待ちの占い師」って本当に当たるの?すごいの?

  行列ができる。 予約3ヶ月待ち。 このような評判が広がる人気占い師 …

家を建てるなら家相・風水のプロの占い師に1度は相談してみては?(占い師の選び方)

  家を建てる、買うって大きなお買い物ですよね。 大金を使うわけですか …

【名古屋今池tokuzo】爆裂カラオケ大会~大自然~

昨日は占い忍者☆まちこさんと一緒に 名古屋今池にあるtokuzoに行ってきました …