名古屋・栄にある丸栄でやってる古書即売会に行ってきました!

 

古本屋をめぐり「占いの本」を読み漁っておりますが…

占い師なら一度は行っておきたい占い書籍専門の本屋さん

 

今回は名古屋栄にある「丸栄」さんにて行われていた古書即売会に行ってきました!

 

 

第39回 丸栄古書即売会(名古屋)

期間:2017/07/13~2017/07/18

場所: 名古屋市中区栄3丁目3番1号 丸栄8階大催事場

詳しくはこちらから

 

会場は古書好きのおじさんたちで賑わう

 

 
名古屋エリアの古書店やビンテージグッズを取り扱うお店が軒並み揃う即売会です。
 
 
郷土史、歴史、宗教、文学、美術、趣味、和本、古文書、地図、絵図、絵葉書、
刷物、肉筆ものなど優良古書籍・資料を一堂に展示販売いたします。
 
和本もけっこうあって、値段の付け方はお店ごとに違いましたが
 
基本的に和本や巻物は高め。古ければ高いみたいな値段設定が多かったです。
 
昭和中期〜後期の本は比較的300円〜750円とお買い得でした。
 
 
 
 
占い本の多くは過去の記事でもご紹介した伏見屋書店さんのコーナーにありました。
 
だいたいもうすでに持っている本がほとんどでしたが、それでも気になった本は買っちゃいました。
 
 
 
丸栄さんが主催なので、クレジットカードが使えたので便利でした。
 
最近は四柱推命の本もちょこちょこ買い漁って読んでいます。
 
 
 
今回1番の収穫は
 
大正十三年に書かれた「卑猥と科学」という本です。3500円。
 
 
 
 
予は卑猥研究者なり、ここに「卑猥と科学」を著はす、その信念抱負の一端を叙述して、予を誤解し、予を侮蔑する者のために、その蒙を啓かざるべからず…
 
 
という緒言から始まるこの本ですが…
 
 
 
著者名が廃姓外骨(はいせい・がいこつ)…って。
 
大正時代…日本では何が起こっていたのか…。
 
 
中身はけっこう真面目に書かれています。
 
参考になりそうな記述があれば、またご紹介します…!
 
 
 
この古書即売会7月18日まで開催されていますので
 
ご興味がある方はお早めに!!
 
 
 
にしけい
 
 
 
 

 - 占い書籍紹介 , , ,

関連記事

手相に関する書籍の紹介

  これから手相を勉強しよう、勉強中という方にこの記事が目に止まること …

手相占い中級者が読むべきオススメの手相本4冊

  どうも、にしけい(@nishikei_)です。 今日はある程度、手 …

占い専門書籍の古書販売はじめました。

  どうも、にしけいです。 このたび、占術書籍専門図書館に続き、古物商 …

【超オススメ手相書籍】やっぱり直塚松子の病気特化系の手相本は最高!

  過去にもご紹介しましたが…   直塚松子さんの病気特化系 …