【超オススメ手相書籍】やっぱり直塚松子の病気特化系の手相本は最高!

 

過去にもご紹介しましたが…

 

直塚松子さんの病気特化系の手相本が久しぶりに手に入ったので読みました。

患者の手形で実証した 手相で病気を早期発見 (オレンジバックス・講談社)

 

やっぱりこの方の本、いいですね〜!

絶版本にしておくのがもったいないです。世界中の手相家のためにも再販した方がいい1冊。

(Amazonで確認したら、定価680円の本が現時点で16000円ぐらいしてました)

 

手相占いを生業にしている人は、古書店で見つけたら多少高くても即買いです。

僕はいつもの原書房さんで4000円で見つけられたのでラッキーでした。

 

手相教室にお医者さんの生徒さんもいらっしゃるんですが、お医者さんも読んで欲しいなぁ…。

「五指だけで病気の異常が分かる」っていうのもここまで細かく書いている本は他にないでしょうね。

 

病気以外に、自殺志向者、被爆者、マリファナ中毒者の手相傾向も書かれていて、かなりツッコんだ内容です。

「この手相があるから自殺志願者か」と言われると、そうじゃない気もするけれど

ここに書かれている手相例から読み取れることは

自殺志向者は「気持ちの吐き出しが苦手で、妙に行動力がある」人なのかなということです。

 

「病は気から」感情線は大事

 

直塚さんの本を読んでいると、感情線を重視されているようにも見えます。

病は気から。気持ちの乱れは体の乱れ。

手相において僕は「心身一致説」を提唱しています。心が病んだら、体が病む。

 

相や病気はあくまで結果なのです。

 

こういう新しい知識を与えてくれる手相本を読むと、やっぱり手相は奥が深いなぁ…と思わざるをえません。

僕にとって「占い」はいつまでも夢中で無限に遊べるオモチャなのかもしれません。

 

にしけい

 - 占い書籍紹介 , ,

関連記事

【手相占い書籍紹介】門脇尚平「手相の相談室」

  書籍紹介 門脇尚平「手相の相談室」(明治書院1971年出版) 「手 …

【手相占い書籍紹介】直塚松子「実証!手相でわかるガンと成人病」

  書籍紹介 直塚松子「実証!手相でわかるガンと成人病」(講談社199 …

【手相占い本紹介】ちょっと変わった手相本紹介シリーズ1「自分に奇跡を起こす手相術!」

  どうも、にしけい(@nishikei_)です。 これまでに手相をは …

【おすすめ手相占い書籍紹介】伊泉龍一・ジューン澁澤「西洋手相術の世界―『手』に宿された星々の言葉」

書籍紹介 伊泉龍一・ジューン澁澤「西洋手相術の世界―『手』に宿された星々の言葉」 …