【占い書籍専門店】東京「鴨書店」さんに行ってきました。

 

どうも、にしけいです。

今回は日本でも数少ない占い書籍を専門に取り扱う鴨書店さんにお伺いしたので、ご報告しておきます。

 

知る人ぞ知る占い書籍専門店

 

鴨書店

 

これまでは占いの書籍のほとんどは、神田神保町にある原書房さんで購入しておりました。

原書房さんは手相・顔相・気学の本はもちろんですが

どちらかというと易・四柱推命・奇門遁甲・風水といった中国で発祥発展した占いに関する書籍の蔵書数が厚く

五行をベースにしている気学を学ぶ自分にとっては、とっても脳みそ幸せなお店でした。

また、原書房さんは商品の回転が速く、行くたびに新しい本が見つかるという楽しみがあり、思わぬ掘り出し物が見つかろうものならATMに駆け込むことも多々ありました。

(原書房さんは現金のみの取引のため、毎回店舗の近くにあるメガバンクのATMにお世話に…)

 

 

魔のクレジット対応可能な古本屋さん

 

さて、今回初めての鴨書店さんということで

すごい掘り出し物があるんじゃないか…という期待もあり、財布に諭吉さんを何人か忍ばせて足を運んだわけですが…

 

恐ろしいことにクレジットカードが使えるお店なんですよね。

「お金を使っている」と強く脳に焼き付けられる現金取引の原書房さんに比べ購買感が薄まるため、占いオタクにしけい散財の予感が漂うなか店内へ…。

 

新旧問わず品揃えが良いお店

 

原書房さんとはまた違ったジャンルの本や品揃えで、貴重な本が数冊ダブりで並んでたり…。

思わず「よくここまで揃ってますねぇ…」と店主さんに話しかけてしまう(タイミングが良かったのかもしれませんが)

 

あれよあれよと、本を手に取り…計算してもらうと、ちょっとしたアパートの家賃1ヶ月分ぐらいに。

 

かなりの量の本を買ってしまったので、自宅に直接送ってもらうことに…ネット販売もされているようで、遠方の方でも気軽に買えるのがいいですよね。

 

ネット販売って需要は増えてますか?と聞いてみると

手にとって本の状態を見てから買いたいという人が多いからやっぱり店頭で買っていかれるお客さんの方が多いとのこと。

中身さえ読めれば状態は気にしない派の自分としては意外な答えが。コレクター的な人も結構いるみたいですね。

 

 

それからも、心やさしい店主さんからいろいろと教えて頂いたり、たわいもない話をしていたら…あっという間に2時間ぐらい過ぎてました…

お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

自分で自分を占ってみて

「今年は知識を吸収して、それをいかに実践で自分のものに出来るか」という時期だと結果が出ているので、今回の鴨書店さん訪問は本当に貴重な時間になりました。

 

にしけい

 

関連記事:よく読まれている運気アップ・開運関連の記事まとめ

 

 - 占い書籍紹介 ,

関連記事

【手相占い書籍紹介】門脇尚平「手相の総集・手相早わかり」

  書籍紹介 門脇尚平「手相早わかり」「手相の総集」(東洋書院1995 …

「陰陽エントロピー手相術」をkindleで出版しました

  去年の10月末頃に突如、降りてきた閃き。 【手相×カタカムナ】手の …

【手相占い書籍紹介】手相学のコペルニクス的転換

  書籍紹介 大川恒平「手相学のコペルニクス的転換」(講談社出版サービ …

【手相占い本紹介】ちょっと変わった手相本紹介シリーズ1「自分に奇跡を起こす手相術!」

  どうも、にしけい(@nishikei_)です。 これまでに手相をは …