【手相占い書籍紹介】門脇尚平「手相の相談室」

 

書籍紹介

門脇尚平「手相の相談室」(明治書院1971年出版)

写真 2016-05-31 13 57 23

「手相学はキロにはじまり門脇で終わる」でおなじみの門脇尚平氏の手相本です。

門脇氏の24年間にわたる手相研究を濃縮した1冊。

基本的な技術面をまとめた1章は同氏が書いた「手相トラの巻」や「手相早わかり」と同様の内容で、基本的にキロの手相学をベースにした内容になっています。

2章以降は恋愛・結婚・健康・仕事・金運など、本のタイトル通り実際の相談に答える形式で手相を解説。

10章の「あなたはどんな職業に向く人か」という項については、手の形状・大きさ・指の形状・丘の発達・指紋などから適職を診断。

時代錯誤は多少あるものの、具体的な職業が記載されているため現代の占いでも十分通用する内容だと思います。

門脇氏が書く文章は、ただただ手について説明するだけではなく、ちょっとした小話や文学の一節を引用したりと教養が感じられる。本当に文章がうまい。

門脇氏の書籍はほとんどが絶版本で古書店でも高値で取引されていますが、占い専門図書館で読むことが出来ます。

気になる方は一度お試しあれ。

にしけい