スペインモロッコ旅行記8〜マドリッドで朝食〜

ホテルの近くにあったcafe lucianoというチェーン店の喫茶店で朝食を取りました。

本場のチュロスをいただきます。

本場スペインのチュロスは日本で食べるものに比べてかなりしょっぱい。パンケーキというより、お好み焼きとかピザに近いでしょうか。

これで5ユーロなので、コメダでコーヒーとモーニングとフレッシュジュース頼むより安いかな。というか2人分って感じです。
 

早朝8:30から魅せる路上パフォーマー
 

歩道の隅っこに小さい折りたたみ椅子に腰掛けた毛髪の薄いおじさんがいまして。

 

 

イスの前に投げ銭用の透明タッパーを置いていたので、これは朝の通勤時間帯にストリートパフォーマンスをするなんて凄いな!と思って近づいてみました。

 

 

 
遠くから見ていると気難しい顔をして、細かいものを作っているようだったので

 
アクセサリーとかオブジェを作る系の人かなの思いさらに近づいてみました…。

 

 

 

 

なんとそのおじさんは…

 

 

 

 

 

 

自分の爪を切ってるだけでした!

「そんなん自室でやって!」とツッコミ入れて過ぎ去りました。たぶんお金は欲しいんでしょうけど、何かやろうよ、おじさん!

 

 

 

 

とりあえず、スタバでコーヒーを。

何をコーヒーを頼んでもコーラが出てくるミスティボイスをもつ僕ですが、さすがスタバでコーラは出てきませんでした。

コーヒー飲みたかったから本当に嬉しいね。グァテマラのトール。気持ち日本より大きい気がする。国によってカップのサイズが違うのかな。

 

やっぱりイタリアフランス行ったことがあるから、なんとなく同じヨーロッパの街並みだったら歩きやすかったです。

朝8時の気温は18度ぐらい。これぐらいの気温って1番服装に差が出る気がします。
僕はサンダルで、すれ違う人たちが僕の足に視線を送ってくるのを感じました。もう秋なんですね。
さてと、そろそろマドリッドで1番のお目当の考古学博物館へと向かいますかね。

にしけい

 

スペインモロッコ旅行9〜マドリッド考古学博物館〜