【タイ・カンボジア・ベトナムの旅】その3

ちょっと旅とはズレますが…英語について。

その1でも書いたのように今回の旅はかなり英語、言葉の壁に悩まされた。

でも、少しずつ聞き取れる話せるようにらなってきて気づいたことがある。

それは、英語の相槌は基本的に相手を肯定する言葉が多いということ。

僕が知り合った人たちがたまたまそのような言葉を選ぶ人たちだったのかもしれない。

日本に帰ってきてからも、何人か外国人と話したけど

 

やっぱり出てきたのは肯定の相槌。

cool !

good !

amazing !

great !

nice !

perfect !

cute !

not bad !
(これはニュアンス的にちょっと違うか)

それに比べ日本語の相槌は割りと否定的なものが多い気がします。

そうなの?

へぇ〜

ふ〜ん
(ふ〜んと相槌を打つのは日本人だけだとカンボジア人が言ってました)

本当?

うそー?

など

全体的に口を閉じる音が多い印象。

理由はいろいろあるんだろうけど

日本語でも、ポジティブになれる言葉を使っていこうと思いました。

にしけい

 - 海外旅行記 , ,

関連記事

子育てからスペインガールとのメールまで

  最近の出来事をつれづれとつづってみます。   ■母親はス …

イタリア旅行記7~フィレンツェ~

2月11日AM8;52(Italy Time),フィレンツェ ホテルオロロージオ …

バラナシの雹と少年(インド旅行記20)

[前記事] バラナシの占い事情(インド旅行記19) [最初から読む] 出発編(イ …

写真で振り返るアーグラからバラナシ(インド旅行記13.5)

  日記でご紹介しきれなかった景色と気持ちをトロトロっと書きます。   …