【タイ・カンボジア・ベトナムの旅】その2

ちょっとずつですが、旅で見たものや感じたことを書いていきます。

旅の途中、毎回日記を付けているんだけど、最近、漢字や言葉のド忘れが多くて書くのに時間がかかる。

そんなとき、今回はスマホのメモアプリをフル活用。
自分の考えたことや思いついたその時の気分をメモにつぶやいていく。

オフラインのTwitterのように、使えて結構便利。

トピックス形式にまとめるから、言葉を少なくするための訓練にもなる。

さてさて、そんなこんなで

微笑みの国タイも、あっという間にサヨウナラ。物価も安いし、もっともっと滞在したかった…。

相部屋のドイツ人の男の子ハイコーくんは、白いブリーフ、左利き、とても几帳面な性格。
マイペースなんだけど、イヤな感じがしない爽やかな好青年。

自分の国と仕事に対して誇りをもっていて

「In German(ドイツではね)…」といろいろ教えてくれた。

こういうときに「In Japan…」とスラスラ英語が出てこればよかったんだけど、言いたい事は思いつくのに、それを表現する単語が出てこなくてモヤモヤ。

みぞおちと気管支のあたりに30センチぐらいのムカデが巻き付いているような感覚。

タイの朝

灰色の空に派手な色のバスや看板が映える。

東南アジアの国々は、景色の中に強いコントラストがあって「俺が1番目立ってやるぞ!」という自己主張が強いモノが多い。

 

 

安定のファミリーマート。

品揃えや商品の配置などは、日本に近かった。国は違えど、人間の視覚や店内での動向は一緒なのか。
 

タイは日本と同じで左側通行、カンボジアは右側通行になる。

国が変わった瞬間道路の進行方向が逆になる。 

右ハンドルと、左ハンドルを手軽に入れ変えられる車があれば便利かも?

まだまだ続きます!
 

 - 海外旅行記 , ,

関連記事

インド旅行記9~ジャイプール編2~

2013年1月15日 日本時間8:56 Agra Hotel m.house   …

モンゴルの国道は本当にカントリーロードだった!空港からアルタンボラクへ

  チンギスハン空港に到着してから、草原のど真ん中にある宿泊用ゲルに泊 …

“手相発祥の地”と呼ばれるインドでの手相の実情とインド人の手相の特徴(インド旅行記15)

  ニューデリー、ジャイプール、アーグラでインド人の手相を見てきて気づ …

東南アジア旅行記10〜アンコール・トムとタ・プローム〜

[前記事] 東南アジア旅行記9〜世界遺産アンコール・ワットで仏像の手相観察〜 [ …