【書籍出版】リュックひとつで海外へ=荷物極少旅行のすすめ=

 

どうも、にしけいです。

2016年4月23日、人生初の自分で書いた本を出版しました。
 
 

「リュックひとつで海外へ/荷物極少旅行のすすめ」

 

旅日記も途中で更新が止まっちゃっていますが…

これまでに9カ国リュックひとつで旅した経験から気づいたこと、荷物を減らすテクニックなどをまとめました。

最近、前にも増して本を読むようになって、だいたい1週間に2、3冊のペースで読んでいます。

もちろん読んだ本の冊数はどうでもいいんですが、たくさん本を読んでいるうちに

「あ、もっと自分の素直な気持ちを言葉にしたらいいんだな」という考えに至りまして。

内容とかページ数とか体裁とかそういうのは二の次で1週間ぐらいパソコンでカタカタ文章を書いた結果それなりに形になったので出版する運びとなりました。

 

「読んだ人がどう思うか」と気にしていると文章が進まない

 

もちろん気にしなければならないところもあるんですが

今までの自分は読み手のことを考えすぎた結果、文章を書く手が止まってしまった経験がたくさんあったので

今回は思いっきり脳内の情報をそのまま言葉として吐き出すことに徹しました。

今回の出版をきっかけに、脳内で溜め込んでいた考えをたくさん形にしていきたいと思います。

 

売上金は次のやりたいことに使う

 

本の最後にも書いていますが、この本の売上で

荷物極少旅行をよりスムーズにさせるようなアイテムの開発を行いたいと考えています。

いろいろ特許を調べたり、材料メーカーに見積をとったりしたんですが

かなり資金が必要になるので、この本の売上でちょっとまかなえたらなぁと考えています。

きっと、旅をする上ではかなり役に立つアイテムだと思います。

どんなアイテムかは、本に書いたので興味があれば読んでくださいね。

 

あと、「本を出版してみたい」という方がいらっしゃったら代行出版いたしますので、お問い合わせからご連絡ください。

 

にしけい

 - お知らせ, 海外旅行記, 読書感想文(一般)

関連記事

南米ペルーボリビア旅行記2「ヒューストンの自転車博物館」

  たまたま飛行機で隣になった日本人カップルに 桃鉄のキングボンビーの …

バラナシの少年とその家族(インド旅行記21)

[前記事] バラナシの雹と少年(インド旅行記20) [最初から読む] 出発編(イ …

【御礼あり】BL小説の表紙イラストを募集します。

  どうも、にしけい(@nishikei_)です。 廊景谷シイチさんが …

インド旅行記2~出発編2~

2013年1月12日 7;21 中部国際空港 喫茶店 無事、チェックインも済ませ …