世界遺産アンベール城から男の子の話まで(インド旅行記11)

▪Amber Fort アンベール城

 なんか普通に登山した気分。大きくて黄色いお城。

 ひたすら登った。

 【アンベール城をさまようにしけい】

 

結構高いところなのに、サル・リス・犬・ヤギなどのたくさんの動物たちがいた。

 コビンさんの話ではリスをMonkeyと呼んで、サルはSaruと呼ぶらしい。

 ちなみに城の中には入れていない。

 

 ▪食事

コビンさんとその友達のヤンキーみたいな人たちとチキンカレーを食べて、チャイを飲んだ。

この国の不思議なところは、友達じゃない人ともいきなり一緒に楽しそうに食事をすることができるところだ。 

コビンさんとそのへんにいる人と3人でチャイを飲んで、めちゃくちゃ話がはずんでたのに 

クルマに戻って「今の人は友だちなの?」と聞いても、コビンさんは「いいや、知らない人」と答える。

 

このヤンキーみたいな人たちは本当に友だちだったみたいだけど…。

 

チキンカレーはチキンはダシのような役で、そこまで身の部分を楽しむって感じじゃなさそう。

この国には、カレーからのチャイという流れしかないのかなとさえ思えてきた。

 

 

 

▪移動…車

 

本当にコビンさんとたくさんのことを話した。

 

男二人が集まれば必ず出てくる話題。エロい話である。

そこには国籍・年齢・肌の色なんて関係ない。まさに、ボーダレスである。

 

インドの男の子はみんなケータイにAVを保存しているらしい。

 

インドでは、SM・風俗もの・カップルなどのジャンルが人気らしい。

 

コビンさんは純愛モノが好きらしい。

 

Boy and Girl Everyone Happyなものが好きなんだってさ。

 

日本のAVはインドでも人気で、日本人女性はそんな意味でもインド人男性にとっては憧れの存在なんだとか。

 

その他にも、動物のことや、言葉、文化、インドの人たちが何を見て、何に興味があるのか沢山質問した。

 

もっともっと英語が話せたら、もっとたくさん聞けるし伝えられる想いもあるのになと強く思った。

 

にしけい

 - 海外旅行記 , , ,

関連記事

スペインモロッコ旅行記23〜フェズ旧市街地での買え買え攻撃〜

    セラミック工場から車で10分ほど、またもや迷路のよう …

バラナシの雹と少年(インド旅行記20)

[前記事] バラナシの占い事情(インド旅行記19) [最初から読む] 出発編(イ …

スペインモロッコ旅行記4〜ドイツ行きルフトハンザ航空の機内食へのツッコミ〜

ひとまず乗り継ぎのドイツに着きました。フランクフルト空港。   矢継ぎ …

東南アジア旅行記7〜シェムリアップのホテルにてメモメモ〜

[前記事] 東南アジア旅行記6〜シェムリアップの孤児院訪問と疑問〜 [最初の記事 …