まさかのタージマハル。そして、別れ(インド旅行記13)

 

2013年1月15日 日本時間22:22 インド時間18:50 Agra

 

電車待ちの間に日記を書こう。あと2時間ぐらいでくるのかな。

22:00発の電車でも1時間遅れとか平気であるみたいだから、もっと遅くなるかもしれない。

とりあえず、この電車を逃したら帰国不能確定なので、にしけい君は必死なのです。

 

それにしても、コビンさん最後まで本当にお世話になったなぁ。

 

たくさんご飯もごちそうしてくれたり、チケット手配してくれたり、タージマハルを見せてくれたり。

 

タージマハルは入場しなかったけれど、対岸側(タージマハルの裏側)から近づいて見ることができた。

 

 

 

タージマハルの塀に立ち小便しているインド人もいたり、たくさんゴミが落ちていたり、観光地なのにこんな扱いでいいのかなと思ったりもしたけど、タージマハルの姿は立派で何度も1人で写真を撮った。見ることができないと完全に諦めていただけに本当に嬉しかった。

 

 

~別れ~

 

「チップ、いくらならもらっていいの?」

 

「800ルピーで…」

 

「でも、タージマハルをタダで見せてあげたでしょ?」

 

「え、じゃあギリギリ1000ルピーで!」

(なんやかんやで取るとこ取るんやな…)

 

「OK、じゃあその日本円の500円玉もちょうだい!」

 

「いいよ、お守りにでもしてください!」

 

「Thank you very much,Kei!」

 

 

僕の財政状況を全て伝えてあったので、足元見られていた感はあるけど、かなり良心的だと思った。

 

しばらく、話していて

「うーん、本当に帰れるか心配だな…100ルピーあげるよ!これでバスで空港まで行けるでしょ!」と最後まで惜しみない優しさに目頭が熱くなった。

 

コビンさんの車を降りて、こみあげたものが少しこぼれ

「まだ旅は続くんだ!自分がしっかりしなきゃ!」という気持ちから、最後はニコッと笑って手を振ることができた。

 

コビンさんは日本製のシェービングマシーンが欲しいと言っていたので、日本に帰ったら送ってあげようと思う。ピーナッツはいらないって断られました…。

 

残金520ルピーと5ドル。日本円で1100円。あと3日、なんとかなる…かな。

 

にしけい