フランス旅行記1~まっさきにうどん屋へ~

2014年2月12日 パリ

パリに到着。天気はどんより、空気がぬもい(ぬるい+重い)。

人々の空気も、イタリアの陽気な感じと違って少し話しかけずらい。

フランス人が出す空気感は日本人とちょっと似ている。神経質で秘密主義でプライドが高い。

 

空港からパリの市街地まではバスで移動。

雨風が強く、寒さからパリに着くなりまさかのUDON屋に駆け込む!

パリっ子たちにも人気のうどん屋「さぬき家」。オレンジ色の店舗の内装が目印!

取釜飯セットみたいなものを注文…1800円ぐらいした。あまりにも急いで食べたため写真撮れなかった…。

胃と心に沁み込む、ニッポンのダシ!まさにソウルフード!

心の中の千手観音が一斉に合掌する…感謝…!

【寒さ補正】と【和食恋しかった補正】もあったのか、めちゃくちゃうまかった…(日本で食べたら普通だったんだろうけど…)

ホテルはホテルノルマンディというところに宿泊。ボロいと古いは紙一重。

当たり前なんだけど、フランスはフランス語が飛び交っていて、学習したことがない言語なので、耳を慣れてきても意味を理解することが出来ない…。

結構早口なので、パリっ子たちのプレッシャーに飲まれそうだけど…ここはもっと自分出していこう!

ポーン!だ、ポーン!もっとポーン!していこう!マイセルフ!

次の日はルーブル美術館…ちょっと朝早いけど、楽しみ…!

 

にしけい

 

 - 海外旅行記 , ,

関連記事

お金と決意(インド旅行記12)

2013年1月15日 Agra 15ドルあると思っていたけれど、5ドル(200ル …

東南アジア旅行記4〜タイから陸路でカンボジアへ〜

[前記事] 東南アジア旅行記3〜バンコク到着〜 [最初の記事] 東南アジア旅行記 …

スペインモロッコ旅行記18〜タンジェバスチケット購入とアラビア手相学との術術交換〜

タンジェ市街に着いてから、次の日にフェズへ向かうためのバスチケットを買い求めます …

台湾で占って占ってもらってきました(台湾の旅2)

  台湾の人々の手相をなかなか見ることができなかった今回の台湾旅行ですが   以 …