イタリア旅行記1~出発~

2014年2月7日 成田⇒パリ エールフランスF-277乗ってる JPTIME11:00

diary

この日記をこうして再びつづれることを嬉しく思う。やあ、ひさしぶり。

1年前のインド旅行のころとはずいぶんと状況が変わっているね。

今回は妻がいます。イタリア・フランス9泊10日の2人旅。俗にいう新婚旅行ってやつね。

1人のときに比べて話し相手がいるから、この日記をつづる頻度も低くなりそうだけど、感じたことをそのままぶつけていきたいと思う。

 

さて、飛行機の出発が遅れてPM10:50発になってしまったけれど、本当は9:55に出発するはずだったエールフランス277。

北西・年盤五黄土星の象意がもう表れている。

 

あ、そうそう、1年前には手相とコード(西洋の誕生日占い)だけだったけど、今回は方位気学を少しずつだけど修得している中での旅行になる。

この旅も占ったけれど、正直あんまりいい方位ではないかも。何が起こるか。どんな象意が出てくるかよく観察しながら楽しみたい。

 

さて、イタリア…というかヨーロッパは初めてで、いくら観光地と言えど、少なからずカルチャーショックはあるはず。

今回もなるべく、そんなカルチャーショックを楽しみたくて荷物は最低限のものにした。

 

海外にせっかくに行くのに、日本のモノをたくさんもっていくのはナンセンスだと思うし、何かしら買い物できるところもあるだろうから多少物資が足りなくても問題ない。

買い物するお金がなければ、また手相を見て稼げばいい。そして何よりも「日本のモノ」がなくても、そこで生活を営んでいる人たちがいるのだから、同じ人間、暮らしていけるに決まっている。

 

そうやって、海外に溶け込んでこそ「異文化」を吸収できるんじゃないかと思っている。

素直に、正直に、受け入れる。できればイタリアの男の子たちとサッカーしたいかな。体が動くかわかんないけど。

 

いろいろ「スリに注意」とか「サギに遭わないように」なんて出発前に言われたけど、思いっきり楽しんでこようと思う。

 

 

にしけい