バラナシの雹と少年(インド旅行記20)

[前記事] バラナシの占い事情(インド旅行記19)

[最初から読む] 出発編(インド旅行記1)


 

2013年 1月18日 インド時間20:40 ムガルサライ駅

12309ラジャタExp.22:28発に乗るために、駅でシトシト日記を書いております。

「シトシト」というのも、実は今日夕方4時ぐらいにスコールとヒョウが降って街中大騒ぎ!という出来事がありまして。

直径2センチぐらいのヒョウがザーッと降ってきました。当たると結構痛い。

 

バラナシの人々は「神様が怒ってる!」とか「神様が喜んでる!」とか(どっちなんだよ)言って、オトナも子どもも声をあげてギャーギャー喜んでいました。

 

実際、バラナシでヒョウが降るのは3年に1回ぐらいだそうで、結構めずらしい光景に出逢えてラッキーでした。

今までずっと穏やかな陽気続きの天候だっただけに、ギャップは大きい。

 

さてさて、今朝は本当にいろんな気持ちでいっぱいでしたが、やっぱりいろんな人たちと出逢って、情報を集めることで見えてきた人間模様。人々の表情。

誰を信じたらいいかとか、誰の話が本当かなんて、すぐにはわからない。それがインド。

まあどの国もそうなんだろけど、とにかくたくさんの情報を集めて、比較する必要があるね。

 

いつもは、呉服屋のヴィッキーのところに遊びに行くけど、今日は入ったことのない路地に入ってみた。

そこには、流ちょうに日本語を話す男の子(小学生ぐらい)がいて、話しかけてきた。

 

いつもなら無視するところだったけれど、あまりにもしっかりした日本語と口調だったので感心してしまい、彼についていろいろ好奇心が湧いた。

 

彼は11歳で、彼のお兄さんの奥さんが日本人なんだとか。そして、彼女から日本語を習ったらしい。

 

道理で、他のインド人よりイントネーションがより日本人に近いわけだ。

彼のお店について行ってみた。かなり人間不信気味になっていたけれど、この男の子にはなぜかついて行ってみようと思った。

狭い路地を慣れた足取りで軽やかに進む少年についていった。

歩いている途中、これまでの旅のこと。Step on Paleceというホテルに泊まってるということ。手相を勉強していること。いろいろ話した。

牛のフンが落ちていて「気を付けて!」と、注意を喚起する彼は、とても11歳には見えなかった。

彼の2倍以上生きているのに、自分で何も判断できない自分が恥ずかしくなった。

にしけい

[次記事] バラナシの少年とその家族(インド旅行記21)

 

 

 - 海外旅行記 , , , ,

関連記事

東南アジア旅行記10〜アンコール・トムとタ・プローム〜

[前記事] 東南アジア旅行記9〜世界遺産アンコール・ワットで仏像の手相観察〜 [ …

スペインモロッコ旅行記17〜アルヘシラスからジブラルタル海峡を渡り新タンジェ港へ〜

電車に乗り、アルヘシラス駅に到着しました。   アルヘシラスはスペイン …

日本人女性エミさんとの出会い(インド旅行記17)

[前記事] 寝台列車でアーグラーからバラナシへ(インド旅行記16) [最初から読 …

異を受容して新たなものが生まれる~毒こそ最高の薬~

今回のスペインモロッコの旅で見たトレド・グラナダがある地域はイスラム・キリスト・ …