ラピュタの巨神兵の手相解説

 

生徒さんからこんな質問がありました。

 

 

先生!この手相から読み取れるものは何でしょうか?

ラピュタの守護兵ですが、、、

 

 

挑戦的です。

 

そして、おちゃめな質問です。

 

ここで、究理占術研究家が何も返さないわけにはいきません。

 

 

 

そうですね、まず親指が非常に細いため主体性がない人です。

マスカケで運命線がないため、気持ちや運気にムラが大きく

人々に振り回されやすい人生になりそうです。

その証拠に第二火星丘から月丘にかけてあれていますから

やはり気持ちを外に出すことが苦手な人だと言えます。

 

 

 

 

ジブリは分かってて

巨神兵の手相を描いたのかもしれません。

 

ドーキンス博士のデザイノイドの考え方からすると

こんな手相になることは「自然なこと」なのかもしれません。

 

やっぱり、手相、おもしろいよね。
にしけい

 - 手相占い(技術編)

関連記事

スペインモロッコ旅行記18〜タンジェバスチケット購入とアラビア手相学との術術交換〜

タンジェ市街に着いてから、次の日にフェズへ向かうためのバスチケットを買い求めます …

見える人に教えてもらった「霊のルール」と「気学のルール」はリンクする

  感覚と理論は対極にあるように思われるかもしれませんが、実は似ている …

スペインから嬉しいニュースとお守りの話

昨年の2月にイタリア・フランスを旅していたときに出逢ったスペイン人のアンドレアか …

【手相占い】数霊を併せて使うと流年法がやりやすくなるかもしれない

  手相を研究し始めて10年、僕の脳内では全ての道が手相に続くようにで …