【太陽線】朝と夜の違い

 

 

Twitterの方で毎日自分の手相の写真をアップしているのですが

おもしろいほど朝と夜で相が違う様子がわかる写真が撮れたのでご紹介しておきます。

薬指の下に出る直線を太陽線と呼びます。

人望や人気など人間関係などを表します。

この線は文字通り【太陽線】というだけあって、たっぷり寝て起きた次の日の朝は濃く出ています。

もっというと、たくさんの人たちの手相を鑑定した日の明朝は濃く出ます。

しかし、夜になると太陽が沈み見えなくなってしまうように太陽線も薄くなってしまうのです。

下記写真は僕の右手の太陽線です。

 

 

 

左が仕事前に撮った写真、右が夕方仕事帰りに撮った写真です。

写真の光の加減が違いますが、濃さが違うのが見てわかりますでしょうか。特に僕の太陽線は中指寄りに出ております。

中指の付け根のあたりは「土星丘」といって我慢強さや忍耐、研究心、孤独、思慮深さ、哲学、自問自答 といったことを意味します。

 

基本的に「人間」に強い興味・関心がある人は土星丘に縦の線が入ります。

このことから、中指(土星丘)寄りの太陽線は看護師、介護士、保育士さんをはじめ、福祉やボランティア等 献身的なお仕事や活動をされている方に多く出ます。

自分で言うのも気恥ずかしいですが、ナインチンゲールのような人望が得られている線です。

僕の場合、そこまで線が濃くないのでホイミスライムぐらいにしておきましょうか(;^ω^)

(小指寄りの太陽線はどちらかというと、地位や名誉、あとはお金に繋がる人望です。うっすらですが、中指寄りの太陽線から小指寄りの太陽線の支線も出ているので、お金儲けもそこまで苦手ではないようです)

そして、面白いことに、やはり夜になると薄くなるということは1日が終わりに近づくにつれ疲弊し、他人への配慮が欠けるということなんでしょうね。

 

太陽線について記述してある本やホームページは多々ありますが、太陽線の強さが朝夕によって違うというのは日々手相を観察していて発見したことなので、気づいている占い師さんは少ないのではないのでしょうか。

 

気になった方はご自分の手を眺めてみてください!

最後まで読んでくださったあなたにホイミ♪

 - にしけいメソッド(占い編), 手相占い(技術編) , ,

関連記事

ザ・富山県民の手相はこれ! 12ヶ国で手相鑑定してきた占い師が考察!

  12ヶ国で手相鑑定をしてきた ポンと世界に飛び出す占い師、にしけい …

運気を変える(転換)するための科学的考察(占いと科学の交差点)

  究理占術研究家のにしけい(@nishikei_)です。 &nbsp …

ガルダの手相

  ガルダ(ガルーダ) インド神話に登場する炎の神様。 人間の胴体に、 …

手相から誕生日を算出する技術

  タイトル通り、手相から誕生日を算出する技術を習得しようと直感力を …