時間がなくてもお金がなくても「自由」だと思った瞬間「自由」になれる

 

シータヒーリングの人と話をしていて、閃いたことなんですけど

「自由」というのはいつでも自由に誰でもなれるってこと。

 

条件を作り出している我々人間

 

何かをするにあたり、何かを認めるにあたり

僕らって勝手に「条件」を作ってるんですよね。

 

例えば、男性に会った時。

目の前にいる男性が「イケメンかどうか?」を考えます。

このとき、人にはそれぞれ「イケメンの条件」なるものがあります。

それをもとに「イケメンかどうか」を判断しています。

この条件が多い人は、ダメメンとは言わないものの自然と「イケメンではない人」に出会うことが多くなるわけです。

つまり、条件が多ければ多いほどポジティブな判断をしにくいのです。

 

自己評価が低い人は条件が強烈

 

「自分の自己評価が低い」という人はこの「条件」が強烈だったり多すぎたりします。

 

 

この「条件」というものは完全に「思い込み」からきます。

先天的な要素だったり、幼少期の記憶だったり、後天的な原体験によって形成された思い込みによって作られる「条件」たち。

この条件が多すぎたり、強烈すぎると、いつまでたっても人は幸せを実感できません。

 

あなたの「自由」の条件は何か?

 

「自由」に対しても同じことが言えます。

自由を実感するための条件が多くて達成困難であればあるほど「自由」は遠のきます。

 

その結果、お金は潤沢にあるのに不自由だったり

自営業で好きに仕事をしているのに自由を実感できなかったり

いつまでたっても自由が手に入りません。

 

条件をなくせば自由になれる

 

ここで「自由」を満たすための条件を「なし」にしてみます。

すると、どうでしょう。

 

選択肢は「自由」しか生まれません。

お金がなくても、家がなくても、会社員でも、パンツを3枚重ねてはいていても

何をしていても「条件」がないので「自由」にしかなれないのです。

 

そうです。あなたを「不自由」にしているのは

お金でも、家族でも、仕事でもなく、時間でもなく、あなた自身が作り出した「思い込みからくる条件」なのです。

 

お風呂大好きにしけい

 

お風呂に入るといろんなことを閃くことができるので

僕はずっとお風呂に入っていたいと考えていました。

 

「お風呂に入る」という状態を作るためにも、もちろん条件があります。

 

 

ここでさきほどと同じように「お風呂に入っている」と実感するための条件をなくしてみると

 

僕の夢の世界が達成できます。

 

しかし、これだとちょっと「思い込みにくい」ので、スイッチを作ります。

 

 

この新しい条件を潜在意識に刷り込んであげれば

目をつぶって「あ〜」と言うだけで、お風呂状態へもってくることができます。

 

あなたが1番望んでいる状況を作りにくくしているのもあなたですし

その状況を作り出せるのもあなたなのです。

 

条件を捨てて、やりやすい条件を脳内にインストールして

人生の速度制限、そろそろ解除しませんか?

 

にしけい