【自分は何者なのか?】シータヒーリングを受けてみてわかったこと

 

シータヒーリングとは?

・人間は深いリラックス状態に入ると脳にシータ波という脳波が出ます。

・このとき無意識(潜在意識)にアクセスし、思考の癖を見つけ出し、解放させ心身を癒すテクニックです。

・自分の潜在意識にアクセスするため、幼少期や前世にアクセスすることも可能。

 

という、ちょっとスピリチュアルな世界を体験してきましたので報告します。

見てくれたのはシータヒーリングの基礎的なことを習得された40代の女性でした。

喫茶店の片隅で、シータヒーリングの説明を受け

とりあえず自分がどんな存在なのか聞いてみました。

 

僕の右手を握り、目を閉じ意識を集中する彼女…。

 

果たして彼女には何が見えたのか?

 

言われたことざっくりまとめ

 

1.覗こうとしたら宇宙空間が見えた。よく見えない。

2.オーラが分厚すぎる。変態。

3.アインシュタインなどが使っていた目に見えない存在から啓示をもらう「法則」というものを使いこなしている

4.占うときサイキックを使っており、手相や気学は後付け。

5.今世は「人間」を楽しむために遊びにきている。魂が遊んでいる。

6.余裕があるように見えるから人を怒らせるし、難しいことをやろうとする。

7.人の気持ちを理解する能力が鈍い、わざと鈍らせている。

 

1年ぐらい前から見える系のお客さんから

「にしけいさんは(手相じゃなくて)霊感で見てるでしょ?」と言われていました。

関連記事:【告白】僕は手を見ているようで、見ていないのかもしれない。

 

それに加え、トレビの泉で見てもらった占い師さんが手のひらをかざしただけで、僕の未来をことごとく当てていたことを考えると

やっぱり「手」はただのサイコツールのひとつにすぎないのかもしれません。

関連記事:イタリア旅行記6~トレビの泉近くの占い師さん~

 

突然新しい手相理論を思いついたりしていたことも、どうやらシータヒーリングでいう「法則」というものを使いこなしていたみたいです。

関連記事:【手相】感覚からくる理論

 

「今世は遊びに来てる」というのも納得がいきます。

僕は人生は宿泊学習や林間学校に似たものだと考えています。

関連記事:あなたの肉体は本当に便利?生きる目的はサッカーや林間学校と同じかもしれない。

 

「不自由」を楽しむために生きている。

だから余裕があるように見えるのかもしれません。そして僕はよく人を怒らせます。

 

 

なんだか今まで薄々気づいていた自分の性質に太鼓判を押されたような気がします。これはもう認めざるをえませんね。

いつもは誰かを分析する側なので、自分を分析されるとちょっと気恥ずかしかったです。

 

スピリチュアルもおもしろいね

 

いろいろとスピリチュアルのルールというか世界観みたいな話もいっぱい聞けました。

あまり大きな声で言えないのですが、僕は過去にそういう、あのー、ちょっと、アレな人たちの中に潜入してスピリチュアルを学んでいたことがあったのですが

こうして改めて聞いてみるとかなり論理的で、これはこれで習得してみるのもアリだなと思いました。

僕が占った時点で、僕に会っただけで「運が良くなる」って現象が起こすことができると確信に変わったので引き続き研究を続けていこうと思います。

 

自分に集まってくる人は自分を映し出す鏡であり

その人たちの悩みを解決したり、相談に乗って、気持ちを変えることは自分自身を変えることにつながるのです。

なので、占いのお仕事を続けていくと、僕の運が良くなり続けるので

ゆくゆくは僕に会うだけでハッピーラッキーワンダフルハッピーになれるというわけです。

 

 

にしけい