にしけい相術本入門セット5冊+おまけ

¥15,900

■占い師には頼りたくない!自分で考えて決めたい人のための手相占い
■原始相術-真形長形理論-
■手相占いを本気で勉強したい人にまず知っておいてほしい疑うべき手相の読み方
■陰陽時空間手相術
■スイーツ占い -フォーチュンスイーツ編-
■真西洋占星相術
の6冊セットです。

真西洋占星相術はコミケで限定販売した本になります。この本が無くなり次第本セットは終了となります。

〜セット内容解説〜

■占い師には頼りたくない!自分で考えて決めたい人のための手相占い

僕が書いた手相本の中で1番売れている本で、手相を学ぶ上で一番読みやすい本だと思います。この本は、手相の線を見る上で「1つの線=1つの意味」という固定概念を払拭することを体験してもらう目論見があります。どうしても「1線=1意」になると実践においてボキャブラリーが苦しくなってきます。まず手相を学ばれる上でボキャブラリーを増やすと同時に、自分で「これかな」と思う言葉をチョイスしてもらうことで、手相に対する違和感を少しでも減らすことが目的で書かれています。入門書的な1冊です。

■手相占いを本気で勉強したい人にまず知っておいてほしい疑うべき手相の読み方

この本は手相を使って占う上で「従来の手相の知識」や「手相への認識」に対して、自分自身が疑問に感じてきたことを素直に書いた1冊です。また講座や教室などをさせていただくなかで「○○線は△△という意味ですか?」という質問をたくさん受けてきましたが、それらに対しての「お返事」に近い1冊です。もちろんこの本に書かれていることがすべて正しいとは思いませんが、実践する上で「あれ?おかしいぞ?」と思ったとき、手相で悩んだときに「そうか、やっぱり同じように悩んだ人がいたんだ」ということを知ってもらえる1冊になるかもしれません。50人〜100人ぐらい占ったときに読むといいと思います。

■原始相術-真形長形理論-

手相に限らず、いろいろな相術を研究していった結果たどりついた「より抽象的で普遍的なルール」をまとめた1冊です。抽象的でシンプルな法則なのですが、みのまわりにあるものを観察するとこの法則に従って「形」ができていることに気付きます。応用範囲が広い法則で、この本を読んだあとに人相や家相といった相術の本を読んでいただくと非常に理解がスムーズになると思います。

■陰陽時空間手相術

前作「陰陽エントロピー手相術」をさらに抽象化させた1冊です。従来の手相を再構築し、さらにそれらを網羅できる普遍的な法則だと思います。中級〜上級者向けかもしれませんが、とにかく手相を実践して疑って、何度も何度も再構築させた結果気づいた法則なので、他の手相本の内容も網羅できるルールだと思います。この本では「どう使うか?」についてはあまり触れていません。実際にどう使うかは?講座や動画などで詳しく解説していますが、この本も普遍性が高いので応用範囲がかなり広いです。仕組み自体はシンプルなので、手相で1000人ぐらい占ってきて慣れてきたころに読まれると何か気づくことがあるかもしれません。

■スイーツ占い -フォーチュンスイーツ編-

恋愛・仕事・人間関係などいろいろな問題やトラブルを切り抜ける上で「スイーツ」という切り口に特化した応用例を提示している1冊です。東洋西洋両方の面から「スイーツ」と「現象」を結び付けて解決策を提示しています。相術とはかけはなれているように見えるかもしれませんが、占いにおいて「現象を観察する」という最も大事な点がバックボーンにあります。現象⇔シンボルという変換は占いの基礎的な仕組みとなっています。この変換に必要なものが「連想」という所作になるのですが、ケースごとに「どのようなスイーツを連想すればよいか?」を提案している1冊です。

■真西洋占星相術

2019年のコミケで限定発売した薄い本です。「陰陽エントロピー手相術」と「陰陽時空間手相術」のあいだに書いた1冊で、陰陽時空間手相術へとつながる基礎的な概念を発表した1冊です。従来の西洋占星術ベースの「丘理論」に疑問を感じ、より普遍性の高い西洋占星術ベースの手相を再構築するにはどのようなものが適しているかを模索した結果、出来上がった1冊です。陰陽時空間手相術と併せて読んでいただけると理解が深まると思います。

以上6冊がセットになった商品です。

Scroll to Top