【勝手に研究シリーズ】<序>ガムの味持続時間の謎。

■もうこのガム、味が無くなっちゃった。

ガムを噛んだ人なら誰しもが感じたことがある感覚。

「味がなくなったし、もう吐き出すか」

ガム製造メーカー各社は、この言葉を1秒でも遅らせるために
苦虫を噛み潰したような顔をしながら
唇を噛みながら努力を続けてきたのでしょう。

その努力の甲斐もあり「○分以上味が持続する」と謳った
ガムも出てきているから、驚きです。

■でも、それってどうやって測ったの?

しかし、ここでにしけいは疑問を抱きます。
ガムの味の持続時間が長くなったのはわかる。
けど、それってどうやって測定したの?

にしけいはすぐに「日本チューインガム協会」に電話をかけました。

すると、突然の電話にたどたどする電話対応の女性の話から

以下のことがわかりました。

①ガムの味の保持時間を分析するとしたら食品検査機関です。

そりゃそうですよね。

②実際にモニターに噛んでもらった後アンケート等を集計する方法が主流。

意外とアバウトなんですね。でもそれが一番早いのでしょうか。

③食品検査機関で実施していなければ、ガムの味の保持時間を測定している第三者機関は存在しません。

チューイングガム協会さんがやってくださると

一番立場的に良い気がするのですが…

④「味」と言っても糖類だけではなくスパイスや香料でも影響するのでは?

なるほど。奥が深いですね…。

①に関しては、日本国内の大手食品検査機関3ヶ所に電話するも「ガム」はNGとの解答。

②、③は実際に噛んでみた!という旨のサイトや記事は発見できたけど
それって客観性が無いから、比較できないのでは?

というわけで

実験方法等はまとまり次第順次アップしていく予定ですが
にしけいから下記のような支援者を募らせていただきます。

①機械の設計、試作が出来る方。
②唾液や酵素に詳しい方。
③ガムが好きな方

暇人にしけいの研究にご協力いただける方!ご一報を!

おまちしてます!

 - ノウハウ・やってみよう系, 自然科学 ,

関連記事

【勝手に歌詞翻訳シリーズ】DEAD! / My Chemical romance

どうも、にしけいです。   最近「生」について考える機会がありまして。   それ …

2015年桜の開花と落花時期の予測~結論~ [名古屋]

いろいろと前置きが長くなりましたが   予測するにあたり、2人のにしけいの話を聞 …

運気を変える(転換)するための科学的考察(占いと科学の交差点)

  究理占術研究家のにしけい(@nishikei_)です。 &nbsp …

坎宮・亥子・癸の実写版

  ドングリを発芽させようと水につけています。   核を閡(とざす)、 …