【化学サイコロジー】アレニウスの式と理想郷なう

 

「にしけいさんにとって、理想郷って何ですか?」

 先日、喫茶店である男性とお茶をしていたときに聞かれた。

 

 

理想郷…

 

 

 

 

 

ふわふわ… っとしたビジョンが一瞬浮かぶ…。

 

 

 

「理想郷の定義としてはざっくり”その人が望んだ理想的な暮らしやすい世界”ってことですか?」

 

 

 

男性はうなづく。

 

 

 

そのときは、うーんとうなって考えてしまいましたが

 

前回のサクラの開花予想のときに出てきたアレニウスの式を眺めていたら

 

ひとつの僕なりの答えにいきつきました。

人は望んだ通りの理想郷で常に生きているのでは?

 

つまり、この文章を書いている僕も、この文章を読んでくださっているあなたも

まさに「今」理想郷を生きているのではないかということです。

 

 

 

 

 

え?にしけい、何言ってるの?

 

 

こんな苦しくて汚い世界が理想郷?

 

 

大好きなあの人と結ばれたいのに、全然理想通りじゃない!

 

 

今の僕は僕じゃない、僕はもっと凄い男になるんだ!

 

 

全然「今」は理想的な自分じゃない!

 

 

 

 

 

 

 

はい。ここで、ご紹介いたします。

 

アレニウスの式

 

反応速度K=Aexp(-Ea/RT) 

 

A=定数、Ea=活性化エネルギー、R=気体定数、T=絶対温度

 

 

前回もちょろっと説明しましたが

 

簡単に言うと「AからBへ変化する反応において温度が高い方が反応速度が速くなる」という意味をもちます。

 

 

 

比熱によって異なりますが、物質は熱(エネルギー)をかけた分、温度が上昇します。

 

つまり、AからBへの反応がより進行します。

 

これを人間におきかえると、ちょっと乱暴な換言になるかもしれませんが

 

頑張った分だけ、結果につながるとなります。

 

もちろん定数Aや比熱は個々によって異なるため

 

いわゆる「ハードルの高さ」は異なります。

 

 

 

今Aから理想の世界Bに行くためには「熱量」が必要になります。

 

(【化学サイコロジー】誰かのポロリが触媒に をご参照ください。)

 

世界Bに行っていないということは単純に必要な熱量に達していないのです。

達していないのは、その地点が頑張らなくてもいい地点

「居心地が良い地点」だからなのかもしれません。

 

 

 

 

つまり

 

大好きな彼とうまくいかないのは

 

大好きな彼と結ばれそうで結ばれないことを望んでいるから。

 

 

目的が「結婚する」「恋人をつくる」だったら、別にその人じゃなくてもいいのです。

 

「恋愛をする」「恋愛している状況」を望んでいるのかもしれません。

 

 

 

夢や野望達成のために日々頑張っているのにそれが達成できないのは

 

達成せずに夢を追い求めている自分を望んでいるから。

 

あるいは夢のために努力している自分が好きなのかもしれません。

 

 

大事なことはそれを「理想郷」として認識することだと思います。

 

 

 

ときにはそれがとても残酷で

 

気づかないフリをしたくなるかもしれません。

 

目をそむけたくなるかもしれません。

 

 

 

 

冷たいことを言っているように聞こえるかもしれませんが

 

僕の中ではこれを認めてあげるだけで、とても楽になれると思います。

 

 

 

恋に恋してたっていいと思うんです。

 

夢中になれる相手がいるって本当に素敵なことだと思うんです。

 

好きな人がいたら

 

そこに「自分を磨く」という目的とエネルギーが生まれて

 

自分を好きになれるかもしれません。

 

 

 

 

夢を追い求めている自分が好きというのも十分素敵だと思います。

 

「何かを追い求めている自分が好きな人~?」と聞かれると

 

僕もハーマイオニーぐらい手を挙げると思います。

 

 

 

 

 

自分を好きになるのに理由なんて何でもいいんですから。

 

 

 

 

 

 

「なるようにしかならない」というと、少し聞こえが悪いかもしれませんが。

 

 

裏を返せば

 

望んでいたら自然にそうなっていくんだから

 

「無理せず、自分を可愛がってあげてくださいね」ということなんです。

 

 

 

認めるって本当に大事です。

 

手相を変えるのは「事実」ではなく「事実を認識した瞬間」だと最近確信しましたし

 

プラシーボ効果も科学的に証明されていますし。

 

 

 

 

愚か者は、幸福がどこか遠いところにあると思い込んでいる。

 

賢いものは、幸福を足元で育てている。

ジェームズ・オッペンハイム(アメリカの詩人)

 

 

理想郷なう! 

にしけい (日本の占い師)

 

 - にしけいメソッド(気持ち編), 自然科学 , , , , ,

関連記事

「飽き性・持続性がない」は短所じゃない -紅白理論で長所へ-

  「自分は熱しやすく冷めやすくて、なかなか長続きしないです…」 「い …

【Nature】ヒトの手はチンパンジーの手より原始的かもしれない

今日はちょっと気になった記事をご紹介。 2015年7月15日 Nature Co …

何か抜けている人は柔らかくてうまくいっている人が多い

  気学には良いことも悪い子とも動いてみないと分からないという言葉があ …

無から有は生まれる(科学と占いの交差点)

  どうも、にしけい(@nishikei_)です。 自分でそういうもの …