孤独からくる「俺はスゴイ病」

また今日も夜がくる。

日が明ける朝、俺は此処にいるのだろうか。

冷たいベッドに1人。安らぎが欲しい。

知っているぞ。カネがあれば安らぎも買えるんだろう?

いくら出せば買えるんだ?カネがあればいいんだろう? 

 

 
俺はそのために頑張ってきたんだ。 
老いては子に従え?

従う子はいない。

そんなもの必要ないが、いくら出せば買えるんだ?カネがあればいいんだろう? 

 
なぜカネが集まらない。

なぜアイツらは俺の凄さが分からない。

覗いているだけで、穴から出てきやしない。

いくら出せばカネは集まるんだ?

カネの亡者が多すぎる。あの女も逃げやがった。

俺はあんなヤツらとは違うんだ。

偽物どもは消えてくれ。

俺の方が真実で本物なんだ。

俺のやり方がイチバンなんだ。

 

安らぎが欲しい。かぐや姫が竹の中で輝き放った光のような温かさが欲しい。
——————

太鼓がよく鳴るのは、中身が空洞だから。

太鼓がなければ、バチ(罰)はいらない 

 
廊景谷シイチ