“ない”と思った瞬間なくなる世界

 

例えば。

幽霊やオーラやUFOやエイリアンの存在を「ない!」と言い切って思い込んでしまった瞬間

その存在の手がかりとなるヒントが転がっていても、情報として取り込まない可能性が高い。

 

「人間の顔がひとりひとり違う可能性がある」と考えるから、顔の特徴が分かる。

しかし「水族館に泳ぐマグロの顔が1匹1匹ちがう」という認識をもって、魚群を眺めていないと、おそらくその区別は一生かかってもつかないだろう。

 

何か新しい閃きや発見をするとき、すでにその存在を肯定している場合が多い。

AとBに相関があるのではないか…?という肯定的な観点からその相関が見つかる。

 

もちろん否定して、除外してしまった方が圧倒的に楽だ。

脳が働かずに済むから、エネルギーが温存できる。圧倒的に楽チンだ。ハハハ。

 

しかし、考えることをやめてしまった時点で、あなたは道端に落ちている石ころと同然。いや、口にしないだけで、石ころにも心があるかもしれない。

 

いかなる可能性も否定することは、新発見への道しるべを自らの手で破壊していることになる。

すなわち、それは「自分の可能性」をあきらめることにつながる。

 

google検索でさえ「もしかして…」と可能性を模索できる。

我々ニンゲンが「もしかして…」を言えなくなったとき、それはサヨナラの合図。

 

「ない」と思っているから、ない。見えない。聞こえない。感じられない。思いつかない。

「ある」と思っていたら、それは、ある。

 

この記事にも終わりが「ある」

 

サヨウナラ。

 

廊景谷シイチ