周易講座2(水山蹇・山水蒙・山雷頥・雷山小過)を開講します。

前回ご好評いただきました周易講座1の続きで2回目を開講いたします。

そうなんです。受講された方のご感想にも書いてありますように、本当に詰め込み系の勉強が僕自身まったくダメなので「仕組み」を理解して、それを適宜現場で使えるものをお伝えしていきたいんですよね。

ガーっと周易の本を読み漁るんですけど、見解や捉え方が収斂しているようで収斂していないのです。使い方も臨機応変です。ルールがあるようで、ない。でもやっぱり抽象化していくとコアルールのようなものが見えてきます。

どうしても易経の言葉に惑わされてしまうのですが、やっぱりあくまでそれは「具象のひとつ」という認識をもって取り組まないと、言葉も文化も違うところに住んでいる知らないおじさんにただただやいやい言われてるのと同じような苦痛が襲いかかります。

言葉の奥には普遍的なルールがあるのですが、言葉はあくまで具象のひとつなので、言葉に酔ったり、惑わされたりしてその奥までなかなかたどり着けません。

ただただ話を聞いてインプットするのではなく、本講座は自分で考えて周易を使いこなせるようになることを目的としています。

周易講座2 詳細

■日時:
5月21日(木) 20:00-22:00

■受講体系:
オンラインと動画受講のみになります。

水山蹇・山水蒙・山雷頥・雷山小過を解説し、各卦を使った梅花心易と断易の占例も解説しますので、卦の理解とどう使うかのコツを学んで頂けます。

現在は動画講座としてご受講頂けます。

周易動画講座を開講いたします。

その他の記事
Scroll to Top