愛知県岡崎市「ポエジー代表ミズノのホントノトコブログ」でご紹介頂きました。

 

先日の手相鑑定会@温戸にきてくださったミズノさんがブログを書いてくださっていました。

 

 

「鑑定中の会話を録音してもいいですか?」ということで、もちろん快諾。

文章を起こされるために録音されていたんですね。

 

僕は鑑定結果を専用の紙に書かせていただいているんですが

たまに録音したいという方がいらっしゃる場合も、もちろんOKです。

 

実際自分も勉強のために占ってもらうときは

あとで聞き直すために録音させてもらうこともあります。

 

たまーに、録音NGという占い師さんもいらっしゃるので

そういうときは「じゃあやめておきますね」といって録音機器をしまいますが…。

 

僕は、録音されたものをあとで聞き返されても矛盾がないように話しているつもりですし

そういうちょっとしたプレッシャーがあった方が自分の成長につながるような気がします。

なので、録音賛成派です。

 

普段は、自分が相手を分析する側なので

こうやって分析されることは少しくすぐったい感じもしますが、シンプルに嬉しいです。

 

 

2つの記事にわたって、僕の言葉を吟味していただいてます…

「僕の中に違う自分が2人いる」って感覚、僕特有のもの?あなたはどうですか?

 

ちなみに「1人の人間の中に2人いる」というのは、人間の体内には陰と陽二つの要素が混在していますから、実は誰しも当てはまることなんです。

太極図

 

しかし、その陰と陽の割合や程度は、人物や状況によって日々変化しています。

このブログの記事を書いてくださったミズノさんはそのメリハリ・コントラストが強い

つまり正反対の性質が際立って出やすいタイプだと言えます。

(左手の知能線と感情線から判断しています)

 

そういった自分の性質が分かるだけでも、自分とうまく付き合うことが出来るようになりますし

誰かに自分を説明しやすくなるので、人間付き合いも比較的楽になります。

 

省エネ人間にしけい

 

僕は基本的に省エネルギー設計で出来ていて

無理なく低空飛行を続ける(節約したエネルギーを使ってたまに宇宙に行く)タイプなので

自分で言うのもアレなんですが「レットイットビー主義者」だと思っています。

 

このレットイットビー主義(あるがままに主義)をふわふわっと継続していく中で

自分自身の性能・性質を知ることは極めて重要になります。

 

だいたい人間関係や仕事でトラブルが起きるときは、どちらか一方

もしくは双方が無駄なエネルギーを使っています。

 

自分の性質と違うことをしたり、キャパを超えることをすると

エネルギー不足になりますから精神を摩耗します。

 

もちろん頑張らなきゃいけないタイミングというのはあるとは思うのですが

基本的に人間にはそれぞれ「才能」みたいなものがあるので

それに沿って行動していくのが一番省エネだし、近道だったりします。

 

この脱力し切った理論は科学から来ていたりします。

 

 

 

 

話を戻して同じことを言いますが

自分の性質に沿った生き方(反応経路)を見つけることが

人生を生きやすくするコツなんじゃないでしょうか。

 

にしけい

 

 - お知らせ , ,

関連記事

【ありがとうございました】愛知県下水道科学館エッピー祭

  先週末は、稲沢市にある愛知県下水道科学館で行われたエッピー祭で手相鑑定をさせ …

[新春] 岐阜多治見ラジオFM PiPiに出演します。

  またもや、パーソナリティーの篠原慎さん(@mac_o_ch)にお声 …

【休止中】シコロベンケイ配布活動

  このホームページやFacebookの方で 「シコロベンケイ配ります …

【募集終了】手相教室・名古屋教室10期生募集のお知らせ

  どうも、にしけいです。 2015年に始めた手相教室でしたが おかげ …