悲しみはフタをしてしまいこんでも染み出てきちゃうから

 

「悲しみ」を箱に入れてフタをして

「強がり」でグルグル巻きにして

その上に「作り笑顔」という名の空の箱を積み上げて

「悲しみ」をなかったことにして、やり過ごそうとする。

 

そのような人たちを、僕は割と多く見てきた方だと思う。

そのせいか、そのような人たち特有の「目」を見ると、一瞬でわかってしまう。

 

優しく穏やかそうに見えて、何かを隠すように作られた笑顔。

少し指で突くと、高く積み上げられた空箱がいとも簡単に崩れ落ちてしまう感覚。

ポロポロと、悲しみがこぼれる。一番下の箱は、ジワジワと濡れてくる。

 

辛すぎる出来事があると

受け入れ切れない出来事があると

それを箱に入れて「フタ」をして「なかったこと」にする。

「受け入れたこと」にする。

 

逃げ出したい。

向き合いたくない。

だから、とりあえず「フタ」をして、隠すように空箱を上に積み重ねる。

 

・穏やかそうに笑って見せる。

・誰かを救おうとする活動をする。

・無駄に忙しくする。

・病んでいる人に寄り添おうとする。

・余裕のない虚偽の優しさ。

 

本当は一番自分が救われたいのに。

自分の「悲しみ」を残したまま、それを受け入れるために「悲しみ」を動機にして、忙しく動き回る。他人に寄り添う。

とにかく「空箱」を積み上げたいから、良いものも悪い人も全てを受け入れる。

いくら「空箱」を積み上げても、大事なものは濡れたまま。

 

すぐに、向き合うのは無理かもしれない。

けれど、逃げていても繰り返すだけだから。

 

憎むなら、血反吐で文字が書けるぐらい憎めばいい。

悲しむなら、廃人になるまで、眼球が腐り落ちるまで涙すればいい。

自分が情けないなら、鼻水と唾液と涙で池ができるぐらい泣き叫べばいい。

 

「しょうがない」

「もう終わったことだから」

で、箱に入れてそのままにしてちゃダメだから。

 

中途半端に悲しむから、中途半端に認めるから、しんどくなる。

とことん箱の中身と向き合って欲しい。きっと一番大事なものだから。

他人のことなんかどうでもいいから。格好なんてどうでもいいから。

平気な顔して笑っている方が楽?そんなわけないでしょ。

 

あれだけ辛いことがあったんだから、自分を可愛がっても誰も何も言わないよ。

 

まずは、自分を1番に。

 

自分の気持ちを、1番に。

 

にしけい