「言葉」の理解度は視力測定とよく似ている

 

数年前に誰かに言われた言葉や

昔読んだ本の中で理解できなかった言葉

 

これがあとになって

「ああ、そういうことか!」と急に理解できる瞬間ってありますよね。

 

理解できる=明るくなる=視える

 

この感覚が非常に視力測定に似ている気がします。

 

 

 

 

その時は理解できなかった「言葉」たちが

経験や知識を積むことでジワーッと理解できるようになる。

 

視力測定で言うと

視力が悪くて見えない部分が出てきた時に

メガネやコンタクトといった矯正器具をつけると

サーっと鮮明になり、より小さな「C」もわかるようになる。

 

そしてまた、ある程度まで小さな「C」までくると

「見えなくなるポイント」が出てくる。

 

 

人生はこの繰り返しのような気もします。

 

 

あなたが今分からない「言葉」も

経験や知識という名のレンズで矯正することで

明瞭になるかもしれません。

 

 

ちなみに僕は高校1年のころ

右目に青色左目に緑色のカラコンを入れて

オッドアイを気取っていた中二病末期の黒歴史がありますが

 

経験や知識が色眼鏡になって

何も見えなくなっちゃうこともあるから、これもまた考えものですねえ。

 

求めれば求めるほど見えなくなったり

求めることをやめると見えたり

 

視力測定もそうですけど

きちんと「見えない」ことを自覚した方が早く見えるようになるのかもしれません。

 

 

この記事の落とし所が見えなくなってきたので…。

 

 

ブログのオチを見つける視力両目0.04 にしけい

 - にしけいメソッド(気持ち編)

関連記事

あなたのブログはイルカショータイプ?サファリパークタイプ?

  なぜ、リアルで会った人から「ブログを見ています」と言われると恥ずか …

pure curiosity is beautiful

  純粋なものほど美しくて強いものはない。 化学物質は純度が高いほどキ …

対人関係の7割を解決できる魔法の言葉「類友学園」

  一白水星中宮の年になりまして 予想はしていたんですが 僕にとって今 …

男はポジションを気にする生き物

  先日、CBCラジオで北野誠さんが興味深いことを話していました。 & …