1000人に1人はあなたの味方だとしたら73万人を動かせるかもしれない

 

今日はすっごい単純な確率の話をします。

例えば、あなたが社会人になって「運命の人」と呼べるような素敵な人と結婚したとします。

 

この運命の人に出会うまでの確率ってどれぐらいかというと…

すごくざっくり計算してみます。

小学校までに出会う人 100人
中学校で出会う人 100人
高校で出会う人 100人
大学で出会う人 100人
社会人になってから出会う人 100人

合計500人です。

この段階で結婚したとしたら、500人中1人は結婚するぐらい自分に惚れ込んでくれる相手に出会えていることになります。

 

もちろん個人差は大いにあります。

200人の中から1人見つける人もいれば、1500人に会って1人見つける人もいます。まだ出会っていない人も、もしかしたら次の1人が運命の相手かもしれません。

計算をさらに簡単にするために、仮に1000人に1人の確率で「あなたのことが大好きな人」と出会えるとします。

つまり、1000人に1人はあなたの熱烈なファンとして計算してみます。

 

日本国内で見ると

 

ざっくり日本の人口は1億人います。

もし日本人全員に出会って話をすることが出来れば、1000人に1人はあなたのファンになりますので、10万人はあなたのファンになる可能性があります。

東京武道館の収容人数は1万4千人ぐらいですから、あなたがもし武道館でイベントを行った場合、7回は超満員イベントを行うことが出来ます。

「そんなのできるわけないでしょ」と思うかもしれませんが、確率的には余裕で出来てしまいます。

おそらくきちんと計算したら1000人に1人ではなくて、500人に1人とかそんな確率であなたのファンがいるはずだからです。

もしあなたが「飲み会するよ〜」と言って声をかけて、友人が5人集まってくれたとします。あなたがこれまでに出会ってきた人たちが800人だとしたら160人に1人という計算になります。これってすごい確率なんです。

今は鳥貴族や和民かもしれませんが、あなたがその気になれば東京ドームを借りて飲み会をすることになるかもしれません。

FacebookやSNSの友達の数、小中高の同級生の数、会社の同僚の数を全部足して計算してみてください。それを日本の人口スケールに比例計算してみたら余裕で1万人は超えると思います。

 

世界中で73万人があなたの味方

 

仮に1000人に1人があなたのファンだった場合、世界人口73億人スケールで計算してみると73万人があなたの味方というわけです。

世界中に73万人の味方がいたら、おそらく世界中のどこを旅していても人間がいる限り助けてもらえると思います。

 

もし、あなたが「お金に困ってます!100円でもいいから助けて!」と世界中のファン73万人に一斉発信したとします。

為替や貨幣価値がどうのこうのという細かい話はすっ飛ばして計算すると、単純に7300万円集まります。

そうです、人々はこれを「宗教」と呼びます。そしてあなたは立派な「教祖」なのです。

あなたがまだ全世界の人たちと会っていないだけで確率的には十分可能な計算なのです。

 

とにかく人と出会う

 

あなたの味方を増やす方法、それは単純に人に会うことです。

とにかくたくさんの人に会って「確率」を上げることです。

「10000人に会って1人も友達が出来ないかもしれない…」と嘆く人は10000人に会ってから言ってください。

おそらく人に会っているうちにこの確率は上がります。なぜなら人と会うとたくさん吸収してより求心力の高い素敵な人間になれる可能性があるからです。

僕も社会人になりたての頃「1週間に10人新しく誰かと出会う」を目標に動いていました。ざっくり年間500人に出会える計算になります。

 

既に「運命の人」に出会えている人は、余裕で73万味方計画が成功しますのでもっともっとたくさんの人に会ってみてください。

まずは、電卓を叩いて自分がこれまでに出会ってきた人の人数を計算してみてください(^^)/

あなたが武道館でイベントをすることになったら、是非この記事を紹介してくださいね。

 

にしけい