レトミのあいだで

実家からずっと使っていなかった電子ピアノが届きました。

 

犬とネズミとウサギと芳香剤の臭いが染みついたピアノ。

 

頑丈に絡みついたホコリを落としながら、誰にも触られてこなかったことを実感。

 

 

ピカピカに磨いて早速、鍵盤に触れてみる。 

 

遠いようで近い未来に向けて練習を始める27歳。

まだまだ指がぎこちない。

初めて”女性”に触れる思春期の少年のような震え。奮え。

練習中、ふと思った。

「レ」と「ミ」の間の音を出したいときはどうするんだろう。

「レ」だと低いし、「ミ」だと高い。

黒い鍵盤を押してみても、出したい音じゃない。

でも、確かにその音はこのあたりにありそうなんだ。

占いにきてくださるお客さんと話していてもときどき思う。

人はAでもないBでもない簡単には分類できない感情をもっている。

信じたいけど信じていいのか?

好きだけど、好きになっていいのか?

やってみたいけど、やっていいのか?

どの鍵盤を押せば、この気持ちにピッタリの音が出るのか。

それを一緒に探す。

「この音とは違いますか?」

整理をしながら

目には見えないけど、確実に存在する鍵盤を叩く。

…音が鳴る…これだ!

気持ちよく見つかるときもあれば、反省することもしばしば。

ピアノが出せない音もあるだろうし、名前が付けられていない色もたくさんある。

そんな曖昧な音や色をまず認めてあげる。

本人は認めたくないかもしれないけれど、代わりに認める。

だって、そんなどこにいってもはみ出してしまう気持ちが

必ずそこには「存在している」んだから。

幽霊も宇宙人も妖怪も否定しないで、ナデナデする。

そんな姿勢で、今後もお客さんや自分と向き合えたらなって思う。

にしけい