「自信」って何なのか

 

最近「自信がない」「どうやったら自信をもてるか分からない」という御相談を受けます。

そもそも自信って何なんでしょうか。

いろいろ考えてみたんですが、結論から言うと自信は希望と可能性だと思うんです。

 

ジョルノジョバァーナには夢がある

 

ジョジョの奇妙な冒険の5部で、ジョルノ・ジョバアーナというキャラがいるんですね。5部の主人公です。

彼は、過去の主人公たちの宿敵であるディオの息子で(ディオは3部で主人公に倒されちゃうんですが)

母親の愛情も受けられず、母親の再婚相手であるイタリア人の男性に虐待され、イタリアの悪ガキたちにもイジメられ

 

「自分がこの世のカスだ」と信じるようになり、心のネジまがった人間になると誰もが思っていたんです。

 

 

そこに、血まみれの1人の男性が現れるんですね。

 

 

 

ジョルノはその男性を追手のギャングからかばい、命を助けます。

すると、その男性は「君がしてくれたことは決して忘れない」と言って姿を消すのですが…

 

ほどなくして、ジョルノは父親や悪ガキたちにいじめられなくなるんです。

kaoiro

 

そうなんです、この男性がジョルノを見守ってくれていたんですね。

ジョルノは両親から学ぶはずの「人を信じる」というあたり前のことを赤の他人から学びます。
shinjiru

 

それからジョルノは希望に満ち溢れた青年へと成長を遂げます。

(ジョルノを助けてくれた男性がギャングだったため、ジョルノはギャングを目指すようになります)

 

「自信」の本質、それはこのときジョルノが与えられた「希望」と似ている気がするんです。

どんなに絶望的な状況にあっても「なんとかなる」「なんとかできる」と、希望を持ち続けられる。

(外的要因も含めた)自分の可能性を信じ続けられるかどうかだと思うんです。

 

 

僕のことを「自信があっていいね」と言う人もいらっしゃるんですが

実際「自信がある」と胸を張って言えるかというと、言えません。

でも、何かを始めるとき、行動するときに「なんとかなるだろう」という気持ちがどこかにあるんです。

「この穴に落ちても、底があるから、落ち続けることはないだろう…この穴の底はこれぐらいにあるんじゃないか…」といった感じです。

この感覚は、たくさん失敗して、穴に落ちまくってきたからこそ掴めたものなのかもしれません。

 

一番怖いことは穴に落ちなくなったとき

 

誰だって失敗したくはありません。できれば穴には落ちたくありません。

避けて通れるものなら避けて通りたいです。

でも、穴に落ちるということは、少なくとも歩いている状態なんです。

穴に落ちなくなったときというのは、歩いていない、進んでいないときなんです。

 

 

自信=絶望+復活

 

死にたい

消えたい

自分は本当にクズで無能で

無力で

何もかもが中途半端で

生きている価値もない

生きていてもただまわりに迷惑をかけるだけだ…

死にたい。

消えたい。

 

なんで自分は生きているんだろう。

 

早く消えてしまえばいいのに…

 

という状況から這い上がった経験が一度でもあれば、それが穴の「底」になると思います。

 

徹底的に自問自答して、自分を追い込む。

「アイツのせいだ」

「会社のせいだ」

「時代のせいだ」

「運が悪いからだ」

 

という考えは徹底的に排除します。

ここで1ミリでも「自分は悪くない」という気持ちがあると、心から反省できず

穴は浅いものになってしまいます。

 

落ちて…

 

落ちて…

 

そこから、死にもの狂いで復活する。

ジョルノのように、時には誰かの手を借りられることが出来れば、より力強く這い上がることが出来るかもしれません。

 

今まで自分が落ちてきた穴をエレベーターで一気に上昇できるかもしれません。

 

落ちた穴が大きければ大きいほど、這い上がったときの自信は大きくなるでしょう。

 

 

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、まさにその通りだと思います。

 

「自信をつけたい」という方は、とにかく自分を追い込んでみてください。

絶望してください。自分の無力さを痛感できる状況を作り出してみてください。

 

自分をいじめて、絶望し続けることが、自信を持ち続けることにつながるのかなと思います。

 

にしけい