最近のにしけいの動向と今後の動き(2016年9月)

 

どうもにしけいです。

2016年も8ヶ月が終わりました。

 

東南アジア旅行の記事を今更書いている

 

最近は、2年前に行った東南アジア旅行の記事をちょくちょく更新しています。

東南アジア旅行記9〜世界遺産アンコール・ワットで仏像の手相観察〜

 

東南アジア旅行記10〜アンコール・トムとタ・プローム〜

 

東南アジア旅行記11〜シエムリープからプノンペンへ〜

 

旅行中に書き記した旅日記をベースに書いていますが

さすがに2年前になるとウロ覚えだったり、自分の字が汚すぎて読めなかったりと時間がかかりながらも更新しています。

なぜ、こんな七面倒くさいことをしているかというと

東南アジア、そして1年前に行った南米旅行中に閃いたアイディアが現在の自分の行動に大きく影響しているからなんです。

「にしけいの行動なんて知るもんか」と思われるかもしれませんが、このときの閃きが手相学や気学といった占いの発展に寄与しています。

そのときがきたらポーンと発表しますから、お楽しみに。

 

そして、また旅に出る

 

旅日記を現在一生懸命書いているということは、また新たに旅に出るからというのもあります。

今度はスペイン・モロッコを旅してきます。

やっぱり、手相が好きなんですよね。

それで、西洋手相術を含め東ローマと中東の文化が融合した拠点であるスペインの文化に触れたくて旅券を取りました。

今回はスペインを南下し船でモロッコに入る予定です。

昨年の南米旅行では10日間に13回飛行機に乗るという弾丸旅行でしたから、今回は陸路で2日1都市を目処にまわろうと思います。

 

形にすることの重要性

 

日々いろんな刺激を受けてその都度いろんなアイディアが浮かびます。

メモ魔にしけいはとにかく思考の種を無駄にしないように記録していますが、やはりそのアイディアを形にして、発信することが大事だと思います。

 

「形にする」って口で言うのは簡単ですが、それをやり抜くっていうのは本当に大変なことです。

でも、やるのとやらないのでは大違い。それが30点でも、時には0点でも、形にして発信するしないのゼロとイチでは大きな差があります。

そういった意味ではこうしてブログの記事として発信し続けることには大きな意義があると思います。

多感な20代をこうして手軽に考えを発信できる環境で過ごせていることは恵まれていると思います。この時点で本当にラッキーです。

 

 

3年前にこんな記事を書いていますが

1回だけEnterキーを押したら

 

 

今も同じように「何でもやればいいじゃん」という考えがブレていなくて、ちょっと安心。

 

やったらいいじゃん

 

本当に「エンターキー(実行)」をいかに押し続けられるか

死ぬまでに何回押すことができるか…だと思います。

 

ブログを書くこと、好きなことを今後も続けていくだけです。

 

 

いつも僕のくだらないブログにお付き合いくださってありがとうございます。

にしけい