あなたの「うまくいく」は本当に「あなた」のうまくいくなのだろうか。

占いのお仕事をしていて最近疑問に思うこと。

それは「うまくいく」の正体は何なのか?ということ。

 

仕事、お金、恋愛、結婚、健康、人間関係…etc.

「うまくやりたい」「うまくいきたい」という願望をもって、皆さん僕の元にきてくださいます。

しかし、皆さんがおっしゃる「うまくいっている状況」「理想の状況」というのは、どのような理由から生まれているのでしょうか。

 

例えば

年収300万円の人がいた場合

「自分は年収300万円しかない」と感じる人と

「自分は年収300万円もある」と感じる人がいます。

「300万円」という数字自体にはおそらく意味はありません。

それに意味をつけているのは「相対評価」なのです。

年収500万円の人たちばかりの世界だと思い込んでいる人は「300万円」という数字は「うまくいっていない」と感じやすいでしょう。

しかし、まわりの友人に年収を聞いたらみんな口を揃えて「50万円だよ」という答えがかえってきた場合、どうでしょう。

「自分は意外とお金もらえている方なのだな」と感じて、優越感なんかに浸ることもあるのではないでしょうか。

そうなのです。

あなたが言う「うまくいっていない」の正体は、何かとの比較から生まれています。

恋人や配偶者の有無、住んでいる場所、健康不健康、かわいいかわいくない、充実しているしていない…

 

これらに対するコンプレックスや不足感はすべて「相対比較」から生まれます。

「太っているから、痩せたい」というのも相対比較オブ相対比較から生まれるものです。笑っちゃだめなのだろうけれど、笑っちゃうよね。

 

 

作り続けられるコンプレックスという名の幻想

 

この相対比較を促して、煽りまくっている人たちがいます。

それは「搾取する側の人たち」です。

本来なら生まれなかったであろう「コンプレックス」を作り出すことで、それを埋めようとする心理作用を利用し利益を得ているわけです。

化粧品を売りたい人たちは「お前はブサイクだ」と思わせようと

あの手この手で「美しい」を作り出し、発信し続けるわけです。

「美しい」なんて基準がなければないほど作りやすいのです。

「幸せ」なんてものも結構、作りやすい幻想です。

 

「より良くしたい」という願望は多少あっても良いかもしれません。

しかし、その願望が「煽られることで過剰に生まれている」ということに気づいていないと、搾取され続けます。

「競争意欲」は確かに進化する上では大事なのでしょうけれど、競争すればするほど搾取する側の人たちは喜びます。

現存するほとんどの経済活動が「相対比較から生まれた闘争心」から始まっています。

 

どっちだっていいのだけれど

 

多分にもれず「占い師」という仕事も「搾取する側」が植えつけた「うまくいっている状態」があるから成立している仕事だと言えます。

極端なことを言うと、草とか食べて浮浪者としてでも生きていけるわけです。

家がなくても、ベッドがなくても、仕事がなくても、恋人がいなくても、自分が気にしなければ気にしなくてもいいのです。

それを「うまくいっていない」と判断しているのは自分だし、うまくいっていないと判断するように「思い込まされている」のも自分なわけです。

「病」というものも「健康」という基準を作っちゃうものだから「異常」だと判断されちゃうわけで。

本人が「健康で最高!」と思うことができれば、医者に死の宣告を受けていても最高なのです。

 

「あなた」が思う「うまくいく」を考え直して欲しい

 

あなたが考える「うまくいく」という状態はどんな状態なのか。

果たして、その「うまくいく」とは「あなた」が心の底から生まれた理想なのか。

「隣の芝生は青い」なんて言葉がありますが

隣の芝生が見えなかった場合、その願望は生まれているのでしょうか。

そして、果たして今後「競争」は必要になるのだろうか。

 

競争に勝ったときに発生する「報酬系」と呼ばれる「快楽物質」の中毒者になっていないでしょうか。

同窓会とかで「久しぶりの人たち」に会って、近況報告をし合って「劣等感」「優越感」をもっちゃったりしていないでしょうか。

100%あなたから生まれている「願望」は何なのでしょうか。

あなたが、無駄な競争に疲れちゃいませんように。

にしけい