まとわりつく日記

僕のまぶたに太陽の光がまとわりつく。

「ああ、朝か…」

僕の腹部にまとまわりつく薄い布団を

ベッドにきちんとまとわりつかせて

床に足の裏をまとわりつかせる。

そういえば、今日から僕は夏季休業期間にまとわりついたんだった…。

時計の短い針と長い針は仲良さそうに

数字の「6」のあたりにまとわりついている。

昨日まではこの時間に

食パンや牛乳なんかを歯や胃や腸にまとわりつかせて

さっさと、制服を自分にまとわりつかせて

学校へまとわりつきにいくんだが

何だか調子がまとわりつくなあ。

そういえば、幼馴染の京子が

一緒に海に行こうとまとわりついてきてたなあ。

その言いだしっぺの京子といえば

相も変わらず、ソフトボールの練習のため

朝早くから学校にまとわりついているんだから…

「まったく、本当に海にまとわりつく気があるのかな…」

と、ハァとため息を空気中にまとわりつけながら

ボーッとテレビのニュースに視線をまとわりつかせた。

「いつまでテレビにマトワリツイテんの!」

母の甲高い怒声が耳にキンッとまとわりついた。

僕は旅に出ようという決心がまとわりついた…

———————————-

日本語にはたくさんの動詞や形容詞が存在します。

何かを表現するときに同じ言葉ばかりを使用していませんか?

「半端ない」 「すごい」 「ヤバい」

確かに便利な言葉です。

しかし、気が付いたときにはもう

その言葉があなたの脳内の言語野にまとわりついて

はがれ落ちなくなってしまっているかもしれません。

キヲツケヨウ。

にしけい