オウムシンリキョウ

石川県に向かう途中、鯖江駅に向かう列車の中。

3人のおばあさんたちが向い合せに座りながらこんな話をしていた。

白髪のオバアサン(以下:白バア)
「うちの旦那がねえ、テレビが好きでねえ」

メガネのオバアサン(以下:メガバア)
「うんうん」

白バア
「ほって(それで)、よう私に何でも話してくるがやけど」

メガバア
「うんうん」

鼻の穴が大きなオバアサン(以下:鼻バア)
ゴソゴソ・・・(飴の包み紙と格闘中)

白バア
「どれもこれも、自分の考えたことじゃなくてさ
聞いたことをそのまま話してくるわけよ」

メガバア
「ふぅん」

鼻バア
(ガサガサ・・・)

白バア
「それでさ、あたしがちょっと質問したら答えられないのよ。結局全部聞いた話だから」

鼻バア
(もごもご、やっと飴玉を口に入れる、そして(^^)ニコ!)

メガバア
「それさあ、あたしんところの息子も一緒やわ~」

白バア
「ほおほお」

メガバア
「一生懸命、本やらインターネットやらで調べてくるし
勉強熱心でいいんやけど、やっぱりそこからそのままの
言葉をもってきてオウム返しにしとるだけなんやわ」

メガバア
「それでね、あたしは息子に
オウムみたいに聞いたことしか言えん人は
オウムシンリキョウだよ~って言っとる」

白バア
「はあ~!それおもしろいね~!
その通りやわ!オウムシンリキョウ!
それやったらうちの旦那もオウムやわ!」

鼻バア
「ごめん、話聞いとらんかった!もう1回言って!」

・メガ
「あのねえ、テレビとかでさぁ・・・(以下略

========================================

僕もよく人から聞いたことや本の内容をそのまま紹介することはあります。

メガバアの息子さんみたいに勉強することもあります。

でも、やっぱり経験して得た知識や情報の方がググっと重みと面白味が出ます。

そして「自分の言葉」で伝えられたときの方が

空腹時に飲むリンゴジュースのようにスーッと人の耳と心に入る気がします。

「受け売り」を否定しているわけではなく

「受け売りしか話せない、話そうとしない」ことが良くないんじゃないかなと思うわけです。

というよりも、何かこう、話の内容が陳腐で退屈に感じてしまうのです。

どんな些細なことでもいいんです。

例えそれが上司の愚痴でも、昨日見た夢の話でも、ペットの自慢話でも

自分が体験した、感じたことの方が何かこう

「その人が何を考えて生きているのか」という情報がたっぷり詰まっていて僕は好きなんです。

そりゃ聞いた人に感謝されるようなありがたい話とか

人のためになることがポロっと言えたら良いんだけどね。

占いをやってるとたくさん『人』を見ます。

それで、その『人』とその人が発する『言葉』に違和感があると

僕のショボいパラボラアンテナでも敏感に感じてしまうんです。

メガバアの言うオウムシンリキョウという表現もどうかと思いますが

オウムシンリキョウになっている人、結構いるんじゃないかなー

まぁ、この日記自体、3人のオバアサンの言葉をそのまま使わせてもらってる時点で

僕もオウムシンリキョウなんですけどね…

なるべく自分の経験を自分の言葉で伝えていきたいですね…

にしけい